福岡を拠点にするPEAVISがYonYonを客演に迎えた新曲"Carrying You"をリリース

福岡を拠点に活動しているラッパーのPEAVISが、約1年ぶりの新曲となるニューシングル"Carrying You"を本日12/9(水)にリリースした。

YonYon

この楽曲はYonYonを客演に迎えた、激変する世界と変わらない愛をテーマに歌ったラブソングで、プロデュースには福岡の新鋭プロデューサーNARISKが参加した。

同時に公開されたミュージックビデオはNasty Men$ahが手掛けている。

Info

配信開始:2020年12月9日(水)

楽曲名:「Carrying You feat. YonYon」

            作詞:PEAVIS, YonYon

            作曲:PEAVIS, YonYon

             アーティスト名:PEAVIS

レーベル:Peace Tree

配信先リンク:https://nex-tone.link/93072

related

PEAVISがRin音とのコラボシングル “Last Dance feat. Rin音”をリリース

福岡のラッパーPEAVISがRin音との待望のコラボ楽曲“Last Dance feat. Rin音 ”を本日リリースした。

PEAVISが新曲“Far Away feat. KAISHI”をリリース|大平彩華が書き下ろしたヴィジュアライザーも公開

今年1月にリリースされた2ndアルバム『PORTRA¥AL』も記憶に新しい福岡のラッパーPEAVISが、新曲“Far Away feat. KAISHI”をリリースした。

YonYonのEP『The Light, The Water』から"Paper Plane"のビジュアライザーが公開

YonYonが本日リリースしたEP『The Light, The Water』から、"Paper Plane"のビジュアライザーが公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。