Gorillazのライヴストリームイベントが開催決定

Gorillazが2年ぶりとなるスタジオアルバム『Song Machine: Season One - Strange Timez』 を10月にリリースしたのを記念して、12/12(土)と12/13(日)に『Song Machine Live』と銘打った配信イベントを開催する。

本作は毎月ゲストアーティストを招いてシングルとミュージックビデオをリリースしてきた「Song Machine」プロジェクトをまとめたもので、日本からはCHAIも参加しており、他にはScHoolboy QやEARTHGANG、slowthai、6LACKなどが登場。

今回は3つのタイムゾーンで3つのパフォーマンスをロンドンから世界中に届ける。

Info

Performance 1 ~ アジア/オーストラリア/ニュージーランド 12/12(土)20:00 配信スタート(日本時間)

前売りチケット&料金 □シングルライブストリーミングチケット注1: ¥1,600- □ワールドチケット注2:¥3,200-
上記他
Performance 2: 12/13(日)9:00~ (日本時間) Performance 3: 12/14(月)4:00~ (日本時間) □バーチャルパーティーパックチケット注3:¥3,500-

注1シングルライブストリーミングチケットとは、購入された公演日のライブ配信を鑑賞できるアーテ ィストからのスペシャルメッセージ付きシングルチケットです。 注2ワールドチケットとは、日本時間の配信とは別に他2つの時間帯で行われるそれぞれ内容の異なっ たストリーミングへもアクセスが可能なチケットです。 注3バーチャルパーティーパックチケットとは、購入ユーザーご本人+3名、計4ユーザー分のストリ ーミングアクセスコードとライブチャット権がセットになったバンドルチケットです。更に、ダウン ロード可能なアーティストオリジナル PC 用背景、スクリーンセイバー、カウントダウンムービーや プレイリストのおまけ付き!

※当ライブ配信は上記日時で各日一回限りの配信で、それぞれ内容は異なります。見逃し配信(アー カイブ配信)はございませんのでご注意下さい。
※視聴時に配信/チケット販売プラットフォーム LIVENow へのアカウント登録が必要となります。

TICKET====================================================

□一般発売:下記にて絶賛発売中!
ZAIKO
https://smash.zaiko.io/e/gorillaz2020 チケットの購入方法はリンク先からご確認ください

LIVENow

https://www.live-now.com/ja-it/page/sign-up?origin=smash&id=225339

チケットの購入方法
STEP 1: 上記リンクからアジア/オーストラリア/ニュージーランド編の購入へと進みます
STEP 2: 販売チケットタイプをクリック
STEP 3: アカウントを作成、またはログイン
STEP 4: お支払方法を選択、詳細を入力し、「今すぐ支払う」をクリック頂くことで、自動的に視聴 画面へと誘導されます

総合問い合わせ:SMASH http://smash-jpn.com ☎03-3444-6751 (SMASH)

related

GorillazによるApple Musicのラジオ番組にCHAIがゲスト出演

Apple Musicで配信されているGorillazがナビゲートするラジオ番組『Song Machine Radio」のエピソード3が公開となった。

GORILLAZが現在開催中のワールドツアー『HUMANZ TOUR』の日本公演が決定

フジロック’17でヘッドライナーを務めたGORILLAZが現在開催中のワールドツアー『HUMANZ TOUR』の日本公演が決定した。

Gorillazが今週末のアルバムリリース直前に新曲" The Apprentice"をプレミア公開

いよいよ週末にアルバムリリース!

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。