青葉市子のニューアルバム『アダンの風』のリリースを記念したトークイベントが代官山蔦屋書店にて開催|小林光大による作品も展示

青葉市子の7枚目となるアルバム『アダンの風』が12月2日(水)に発売。そのリリースを記念し、今作の共同制作者である作曲家の梅林太郎と、エンジニア葛西敏彦、写真家の小林光大、そして青葉市子によるトークイベントが代官山蔦屋書店にて12月15日(火)に開催される。

“その島には、言葉がありませんでした” という一文から綴られる、今年1月に青葉が沖縄の島々に滞在し着想・執筆した物語に基づき、すべての創作がスタートいたしました。

この1年を通してそれぞれの存在が呼応し、アダンの風の楽曲たちが煌めき、蠢きながらうまれた日々のこと、クリーチャーたちのこと。楽曲制作の核となる4名による、生まれて間もない『アダンの風』についてお話しいたします。

あわせて『Ichiko Aoba exhibition " Windswept Adan "』と題し、「架空の映画のためのサウンドトラック」が一つのテーマとなる今作の制作中に、青葉市子本人が描いたプロットの中から、文章やスケッチ、ボイスメモ、実際にアルバムの中でも演奏された貝殻などを公開する展示が12月4日(金)より開催。

また、作品の核となる世界観をビジュアルとして伝えた、今作のアートディレクションを担う写真家の小林光大による作品も展示される。そして『アダンの風』のオリジナル音源と合わせ、未発表のフィールドレコーディングで構成されたオリジナルミックスが、会期前半(12/4~12/27)に会場BGMとして終日プレイされる。

代官山蔦屋書店でCDを購入した方には、特典としてサイン入りポストカードをランダムで1枚プレゼント(全2種)。また、会場先行発売として、今作のデザインを手掛けたデザイナー町口景による『アダンの風』オリジナルポスター(全7種)も販売。青葉市子のデビュー10周年を記念した特別な展示となる。

「アダンの風」は、架空の南の島のお話、その映画のサウンドトラックであると共に、2020年を確かに生き抜いてきた、わたしたちの心の真ん中に存在する、子どもの頃から変わらない煌めきの結晶にアクセスするための島でもあります。現代に限らず、何百年も何千年も先に、何かしら生きているかもしれない生命に向けて制作いたしました。

梅林さん、葛西さん、小林さんなくして、「アダンの風」を生み出すことはできませんでした。それぞれの持ち場で舵を取り、同じ船で航海したわたしたちの制作の日々のこと、拙いかもしれませんが、お話できたらと思っています。そして何より、こうしてまた4人で集まれる機会を作ってくださった代官山蔦屋書店さまに心から感謝いたします。(青葉市子)

Info

【トークイベント「アダンの風への航海」】

■代官山 蔦屋書店

開催日:2020年12月15日(火)

時間:20:00スタート 21:30終了予定

場所:代官山 蔦屋書店3号館2階 音楽フロア 代官山Session:

出演者:青葉市子、梅林太郎、葛西敏彦、小林光大

詳細はこちら

https://store.tsite.jp/daikanyama/event/music/17288-2224161120.html

<アルバム情報>

青葉市子 - アダンの風

発売日:2020/12/2 (水)

形態:CD

販売価格:¥3,000 +税

品番:DDCZ-2268

レーベル:piano / hermine 

01. Prologue

02. Pilgrimage

03. Porcelain

04. 帆衣

05. Easter Lily

06. Parfum d'étoiles

07. 霧鳴島

08. Sagu Palmʼs Song

09. chinuhaji

10. 血の風

11. Hagupit

12. Dawn in the Adan

13. ohayashi

14. アダンの島の誕生祭

related

『FFKT 2021』の延期開催に青葉市子、Powder、object blue、iri、Buffalo Daughterなどが出演決定

10/2~3に延期開催される『FFKT 2021』の第一弾出演者が発表となった。

青葉市子が弾き語り3曲収録のデジタルシングル『Windswept Adan roots』を急遽リリース

来週6月21日(月)、Bunkamuraオーチャードホールにて最新アルバム『アダンの風』記念コンサートを控えた青葉市子が、急遽3曲収録のシングル『Windswept Adan roots』を発表。本日16日(水)より、各音楽配信サービスでの配信がスタートした。

青葉市子と岩井俊二による対談とセッション映像がYouTubeにて公開

青葉市子と岩井俊二による対談とセッション映像「青葉市子と岩井俊二、記憶と創作のダイアローグ。」がスペースシャワーTVのオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。