ペトロールズがライブアルバム『SUPER EXCITED(LIVE ALBUM)』をリリース | 2018年の音源を収録

長岡亮介、三浦淳悟、そして河村俊秀による3人組ペトロールズが、ライブアルバム『SUPER EXCITED(LIVE ALBUM)』をリリースしている。

この作品は代官山蔦屋書店で開催された『ペトロールズフェア3』で先行発売され、現在はTEIEN ONLINE STOREのみで販売中。12/9(水)からTOWER RECORDSで一般販売される。

2018年のライブ音源が使用されており、2ndアルバム『GGKKNRSSSTW』以前のベストといえる楽曲たちが収録されている。

今年だからこそのペトロールズからの嬉しいギフトといえるだろう。

ペトロールズのライブが観たい、と今強く思う。ペトロールズのニューライブアルバムとなる本作『SUPER EXCITED』を聴いてやはり最初に浮かんだのは、それだった。2020年はペトロールズのライブとともに紐づけられている感覚と記憶があまりに少ない。それは、とても寂しい。
ペトロールズにとってのライブ表現は、まさにライフワークと言っていいだろう。ステージに立つ長岡亮介、三浦淳悟、河村秀俊の3人は、それぞれの演奏の輪郭や色を尊重しながら互いを際立たせ、ときに思いもよらない重なり方も嗜みつつアンサンブルを編み、その場でしか生まれ得ないグルーブを現出させていく。
スリーピースというミニマムなバンド編成を最大限に活かし、最初から誰にも似ていない音楽に生々しい息吹を注入していく。毎回、音源や過去の公演とも異なるアイデアが施され、そうやって、音楽におけるライブの醍醐味がとめどなく増幅し、拡張していく。フロアのオーディエンスはまるでその現場が誰にも縛られない社交場であるかのように、ある者は思い思いに踊り、ある者は集中して聴き入り、ある者は言葉にならない歓声をあげる。それは、とても楽しい。
これまで、ペトロールズのライブで選出されるメニュー、つまりセットリストに連なる楽曲は少しずつ増え更新されていった。真摯な創造性とジャストなリリースタイミングを見極めてきたバンドゆえに、彼らはライブで一つひとつの楽曲と長く向き合っている。だからこそ、前述したようにアレンジにはそのときの閃きや趣向が反映され、それが丁寧かつシームレスに次に生まれる新作音源のモードへと引き継がれていっているように思う。
『SUPER EXCITED』は2018年に記録されたライブ音源だ。オーディエンスとのコール&レスポンスのやり取りから察するに、おそらくアジア圏での公演だろう。バンドの軌跡を鑑みると、2015年8月にリリースにされた1stアルバム『Renaissance』に収録された楽曲の演奏が豊潤に熟してきたころであり、ラストに「KAMONE」が披露されていることから、2019年10月の2ndアルバム『GGKKNRSSSTW』の作品像が見えてきた季節のライブだと想像する。メニューとしては、『GGKKNRSSSTW』前夜のベストセレクションという捉え方もできるだろう。
M1の「Fuel」から活き活きとした熱量を発する3人のグルーヴと、サウンドの上で自由闊達でありながら底知れない色気を帯びた旋律を動かしていく長岡のボーカルが、耳の中で立体的かつ鮮やかに浮かび上がってくる。その音像は、ああ、ペトロールズのライブだと、まざまざと実感する臨場感に満ちている。個人的な白眉は、M7「ホロウェイ」のドライヴ感とメロウネスを両立した緊張と緩和のカタルシス、そこからペトロールズのミニマリズムにひたすら痺れる「Talassa」へとつながる流れだろうか。いや、ここで多くは語るまい。ペトロールズのライブを生で体感するときと同じく、それぞれのあり方で楽しんでほしいと思う。
そう、ペトロールズのライブは、個々人の感覚と記憶に紐づけられていく。だからこそ、2021年にステージに立つ3人と再会ができることを、今は切に願っている。(三宅正一)

Info

TITLE:SUPER EXCITED(LIVE ALBUM)
ARTIST:ペトロールズ
LABEL:ENNDISC
品番:ENCD-47
仕様:AUDIO CD
価格:3,000+TAX
収録曲:

1. Fuel,

2. シェイプ,

3. ないものねだり,

4. 誰,

5. アンバー,

6. Not in service,

7. ホロウェイ,

8. Talassa,

9. 止まれ見よ,

10. 雨,

11. Profile,

12. 表現,

13. KAMONE(全13曲)

一般発売日:2020.12.9〜 TOWER RECORDSにて一般販売開始

キャンペーン:2020.12.9〜 リリースを記念してTOWER RECORDS 渋谷店にてレーベルキャンペーン"ENNDISC CORNER"開始

related

ペトロールズが新曲"KDAR"をフリーダウンロードで公開

ペトロールズが新型コロナウイルス感染症の影響により中止となったツアー『Mr. Steady』の初日がスタートする予定だった、5/10の18時に新曲"KDAR"をフリーダウンロードで公開した。

D.A.N.とペトロールズの2マンライヴがLIQUIDROOMで開催

東京・恵比寿のLIQUIDROOMで2/12(水)にD.A.N.とペトロールズの2マンライヴが開催されることになった。

ペトロールズが2ndアルバム『GGKKNRSSSTW』を明後日リリース

長岡亮介、三浦淳悟、そして河村俊秀によるバンド・ペトロールズが前作『Renaissance』以来となる、2ndアルバム『GGKKNRSSSTW』を明後日10/23(水)にリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。