プロデューサーユニットのSnowkがJ.LAMOTTA すずめをフィーチャーした新曲"Under The Moon"のミュージックビデオを公開

2019年のデビューからフランスの人気レーベルKitsuné Musiqueからもリリースを重ねる、雪国生まれの2人組DJ/プロデューサーユニットのSnowk。先週リリースしたJ.LAMOTTA すずめをゲストに迎えた新曲"Under The Moon with. J.LAMOTTA すずめ"のミュージックビデオが、本日11/18(水)に公開された。

Snowkは2019年5月に"Catching Feels"でデビューし、同時にパリのKitsuné Musiqueからオファーが届くなど、1年間で海外を中心にリリースを重ねるユニット。

Snowk
J.LAMOTTA すずめ

ドイツ・ベルリンのシンガーJ.LAMOTTA すずめを迎えた新曲は、イントロの美しいピアノのメロディが耳に残る哀愁R&Bな楽曲になっている。

About this collaboration from J.LAMOTTA すずめ

テルアビブ、東京、ベルリンを繋ぎならがら、数ヶ月前からスタートした楽曲「Under the Moon」。

J.LAMOTTA すずめ のシングル「Can’t Refuse」が、J-WAVEのHot100チャートで5位になって以来、日本のファンやプロデューサーからの温かいフィードバックや問い合わせが増えてきました。

このような特別なつながりがあることに感謝していますし、これからが始まりだといつも感じています。

昨年の夏、私は日本の人たちとのプロジェクトを中心に進めてきましたが

Snowkとのコラボレーションもその一つでした。 

最初にSnowkのビートを聴いた時には、自然と床でリズムを取っていました。

ハーモニーは洗練されているが、全体にシンプルでカラフルなサウンドで、それがとても好きだった。 トラックはJAZZYでありながら、同時に現代的なアティチュードを持っていました。

その上でいくつかのアイデアを歌い始めたら、世界が広がりました。

歌詞は比較的すぐに出てきて、メロディーが流れ出てきて、私はいつの間にか踊っていた。

そういう自由さがあってコラボレーションするのは簡単でした。

Snowkとは直接会うことはなかったんですけど、遠く離れたところからお互いの信頼関係で

メールとオンラインのやりとりを重ねてやってきて素晴らしいプロジェクトとなりました。

Snowkにミュージックビデオを作ることについてどう思うかと相談された時、真っ先に頭に浮かんだのはダンスでした。ずっと前からやりたいと思っていた事なのだけど

ダンサーと一緒に仕事をするのは初めてで興奮しました。

幸運にもCOVIDの時期にたまたまテルアビブにいた上海在住の振付師Karin Uziyahooと一緒に仕事をする機会に恵まれました。

それから数週間後、第二の故郷ベルリンを訪れていた時に、南アフリカの写真家ガブリエラ・アチャディーニャと一緒に作品を手がけました。

ガブリエラは「Brand New Choice」という楽曲で一緒に仕事をした素晴らしい写真家です。

このプロジェクトには、本当に様々な場所から多くのアーティストが参加していましたが、このような交流を続けていくことは、特にこのような時には刺激的な体験でありました。

Info

Snowk & J.LAMOTTA すずめ - Under The Moon

https://snowk.lnk.to/UnderTheMoon

https://music.apple.com/artist/snowk/1461768139

https://www.deezer.com/ja/artist/64828882

Video credits  :

Direction and editing: Noa Biron

Filming: Gili Galdan

Choreography: Karin Uziyahoo

Dancers: Karin Uziyahoo and Bahr Ancis and J.Lamotta

Hair and makeup: Ravit Ellishakov

Styling: Illay Thursday 

Production: Binghi Roy 

Actresses: Ashot Gasparian and Easy the Dog 

Special thanks go to Doris Nimni, Meir Tuki and Dushi

related

J・ラモッタ・すずめによる待望の新作『Brand New Choice』から"Hope So"と"Can't Refuse"が先行配信

イスラエル・テルアビブ出身で現在はドイツ・ベルリンを拠点に活動しているJ・ラモッタ・すずめ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。