Octavianが元恋人へのDVを告発される|所属レーベルとの契約を打ち切られ、新作もリリース中止に

新作『ALPHA』が本日リリース予定であり、同作に向けて発表された“Rari”や“Famous”といった先行曲も高い評価を受けてきたOctavian。またESSIE GANGとしての活動でも注目されてきた彼について、残念なニュースが飛び込んできた。

Complexによると、Octavianは新作リリースの数時間前というタイミングであった昨日、元恋人に対して日常的に暴力を振るっていたとの告発を受け、所属レーベルBlack Butter Recordsとの契約を打ち切られたことが発表された。

同レーベルはGuardianにて「Black Butterでは、Octavianとの契約を継続しないこと、彼のアルバムをリリースしないことを決定しました。我々はいかなる種類の家庭内暴力も容認せず、Octavianが専門家からの助けを受けることを提案しています」との声明を発表。また、元恋人への暴力が明るみになったことを受け、PR会社のTechnique PublicityとPattern Publicityも彼との関係を断つことが報じられている。

Octavianから暴力を振るわれていたという元恋人はEmo Babyという名義で音楽活動を行なっており、彼と交際していた約3年の間に受けた暴力をSNSで告発している。彼女はOctavianとの子供を妊娠した後に彼から腹部を蹴られ、唇を殴られ、ハンマーで殴られ、さらに殺害の脅迫まで受けていたとのこと。また彼はこれらの暴力を外部に漏らさないよう20000ドル(約210万円)で守秘義務契約書に署名させようとしたが、彼女は応じなかったという。また投稿の中では彼女の体の複数の箇所に出来た痣の写真も公開されている。

Emo Babyが明かすところによると本日リリース予定であったOctavianの新作『ALPHA』収録曲の中でも彼女に対する暴力が仄めかされている部分があるとのことで、“My Head”という楽曲では彼が鉈で彼女を殺すことが示唆されており、また“Rock Smiles”という楽曲のリリックでは彼女を二人がかりで暴行するとの内容が歌われているという。投稿では「特に若い女性が彼のことを尊敬するのを避けるために、アルバムリリースに先立って告発することにした」として、このタイミングで告発を行った理由が説明されている。

なおOctavian自身は今回の告発を受け「ビデオの中に、本当の身体的な暴力が収められているか見て欲しい。3年も付き合ったのに何も映っていない動画を投稿して誰もが俺を虐待者だと思っている。もう一度ビデオを見てくれ。彼女は俺と別れた恋人だ。彼女とは何度か別れた。今は法律に基づいて、きちんと対処するつもりだ」と自身の暴力を否定する旨をInstagramに投稿していたようだが、現在は削除されている。

無論女性に対するこれらの暴力は絶対にあってはならないことであり、今後Octavianがこれまで通りの活動を続けることは困難になるはずだ。これから一連の事態がどのような展開を見せるか、注視していきたいところである。

related

OctavianがSkeptaをエグゼクティブプロデューサーに迎えたデビューアルバムをリリースへ | Futureを迎えた"Rari (Chapter 1)"を先行発表

ESSI GANGの中心人物でもあり、ジャンルの垣根を越えて活動するロンドンのラッパー・ソングライターOctavianが、近日リリースが見込みのデビューアルバムの1曲目となる新曲“RARI (CHAPTER 1)”のミュージックビデオを公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。