OctavianがSkeptaをエグゼクティブプロデューサーに迎えたデビューアルバムをリリースへ | Futureを迎えた"Rari (Chapter 1)"を先行発表

ESSI GANGの中心人物でもあり、ジャンルの垣根を越えて活動するロンドンのラッパー・ソングライターOctavianが、近日リリースされる見込みのデビューアルバムの1曲目となる新曲“RARI (CHAPTER 1)”のミュージックビデオを公開した。

フィーチャリングアーティストとしてFutureが参加した“Rari (Chapter 1)”は、エモーショナルな表現を追求するだけでなく、Octavianがどのように自身の音楽性とキャリアをステップアップさせてきたかが表現されている。過去10年間でラップの世界を劇的に変化させた重要人物であるFutureをフィーチャーした“Rari”は、彼からOctavianへバトンが手渡されるという意味合いも含まれる。ハードなトラップビートと実験的なインディーテイストが融合されたトラックはJim-E Stackのプロデュースによるもの。アーティスティックなビデオはCrown & Owlsが手掛けている。

デビューアルバムは高い評価を受けてきたミックステープ『SPACEMAN』と『Endorphins』に続く待望のフルアルバム。Skeptaが同作のエグゼクティブプロデューサーを務めることがすでにアナウンスされており、Octavianの集大成かつ今年を代表する作品の一つとなることが期待される。

Info

"Rari (Chapter 1)" feat. Future

LISTEN: https://smarturl.it/OctavianRari
WATCH: https://youtu.be/Bp2ewwk6u8M

related

FutureとLil Uzi Vertのコラボプロジェクトが来週リリースか|ティザームービーも公開

待望のニューアルバム『Eternal Atake』のリリースも話題を呼んだLil Uzi Vertと、最新作『High Off Life』も好評であったFuture。そんな二人が、7月31日にコラボプロジェクトを発表することを予告し大きな注目を集めている。

Futureが「トラップをポップミュージックに押し上げたのは俺だ」と主張

先週金曜日にニューアルバム『High Off Life』をリリースしたFuture。そんな彼が、トラップミュージックに自身がもたらした功績を自ら主張し話題を呼んでいる。

FutureがJuice WRLDの死について「まだ心を痛めている」と語る

昨年12月に21歳の若さにして命を落としたJuice WRLD。そんな彼とコラボアルバム『WRLD ON DRUGS』をリリースしていたFutureが、インタビューにて彼の死について語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。