SUB POPと契約したCHAIが"Plastic Love"のカバーをリリース

USの人気インディレーベル SUB POPと新たに契約したCHAIが、竹内まりやの名曲"Plastic Love"のカバーを本日11/6(金)にリリースした。

近年YouTubeをきっかけに、70~80年代の日本のシティ・ポップやファンクの再評価の波が海外へ訪れており、その火付け役となった"Plastic Love"。原曲の雰囲気を踏襲しながらも、CHAIのサウンドと溶け合い、大人っぽい新たな一面を感じさせる仕上がりとなっている。CHAIによるカバー曲のリリースはこれが初。

うつくしい!きれい!かわいい!こんな女性になりたい!ダイスキな曲!

こんな恋、一度は体験したことあるかもな〜ってフワフワした気持になるような、まるで幻のような曲なんだよね〜!

背伸びすることだって、たまにはいいじゃん!って、わたしをオシャレに着飾ってくれる、そんな曲のようにかんじて、CHAIのアレンジをしたよ!きいてみ!(CHAI)

Info

Subscription Release  ”Plastic Love”

リリース日:2020年11月6日(金)

ダウンロード&ストリーミング https://smarturl.it/chai.PL

レーベル: OTEMOYAN record(日本/アジア)

      Sub Pop Records(欧米/豪州、他)

related

CHAIが"Plastic Love"のカバーのMVをプレミア公開

名門SUB POPとの契約も話題のCHAIがリリースした竹内まりやの名曲"Plastic Love"のカバーのMVが、本日11/11(水)の18時にプレミア公開される。

PORINによるブランドyardenのコラボプロジェクト第2弾にCHAIのユウキが登場

Awesome City ClubのボーカルのPORINがディレクターを務めるファッションブランドyardenのコラボレーションプロジェクトyarden+第2弾にCHAIのベースで作詞、アートワークを担当するユウキが登場。

never young beachとCHAIがアジアツアーを今秋開催|ネバヤン特製ターンテーブル50台限定で追加販売も決定

今秋にnever young beachとCHAIがアジアツアーを開催する事が決定となった。never young beach と CHAI がツーマンでライブツアーを回るのは今回が初。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。