BAD HOPがクラフトビールメイカー『BUZZ HIGHER』をスタート | 地元・川崎や横浜のバーに提供を開始

BAD HOPのT-Pablowが、昨日自身のSNSでBAD HOPとしてクラフトビールメイカー『BUZZ HIGHER』をスタートさせたことを発表した。

T-Pablowは5年ほど前からクラフトビールが好きになり愛飲してきたが、川崎を拠点とするクラフトビール醸造所のTKBrewingの協力を得て、BAD HOPのクラフトビールBUZZ HIGHERをスタートさせたと報告。すでにBUZZ HIGHERは地元・川崎や横浜のバーでは飲むこともできるようだ。

USのラッパーではDiddyがテキーラブランドやウォッカブランドのオーナー、DrakeやSnoop Doggもアルコールビジネスに関わっており、自身のワインやウイスキーブランドなどを持つE-40など、多くのアーティストが酒類のビジネスに携わっているが、日本では異例のことだ。

related

BAD HOPの横浜アリーナでの再リベンジ公演のチケットが販売開始

BAD HOPが9/1(水)に横浜アリーナで開催するワンマンライブの再リベンジ公園のチケットが、6/15(火)に発売となる。

cherry chill will.による写真展が広島でも開催 | BAD HOPとのコラボアイテムも発売

cherry chill will.がCarhartt WIP Japanのサポートの元で福岡で開催した写真展を、広島のSORTone Exclusive Spaceで3/12(金)から開催する。

BAD HOPの『BAD HOP WORLD DELUXE』からJP THE WAVYとLEXを迎えた"Friends"のミュージックビデオが公開

BAD HOPがリリースする『BAD HOP WORLD DELUXE』から、JP THE WAVYとLEXを迎えた"Friends"のミュージックビデオが公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。