WONKが海外アーティストとコラボシリーズを発表|第一弾は“Orange Mug”をフランスのDJであるMydがリミックス

3年ぶりに新作『EYES』をリリースしたWONKが、同作の楽曲群を海外で活動するアーティストがリミックスするプロジェクト「WONK『EYES』REMIX」シリーズを始動する。

第一弾に発表となるコラボ作品は、WONKの人気曲でもあるシングル“Orange Mug”をMydがリミックス。

MydはJUSTICEなどが所属しフレンチエレクトロシーンを牽引するレーベルEd Banger Recordsに所属し、ビートメイカーとしても活躍するなどマルチな才能を持ったフランスのDJ。Club ChevalというDJグループのメンバーとしても知られ、また過去にはTheophilus London、Kanye Westなどともコラボしている。

今回のリミックスはそんなMydの手によって、中毒性の高いエレクトロニックな楽曲に仕上げられている。“Orange Mug - Myd Remix”は9/30(水)より配信開始となる。

"I remember riding a motorbike in the streets of Tokyo, it was an amazing experience to see the neons light of the city passing by like stars at the speed of light in sci fi movies. I wanted to recreate this feeling by composing one of my fastest remix ever !"

「東京の街中をオートバイで駆け抜けた時に、街のネオンライトが星のように光の速さで過ぎ去っていくのをよく覚えている。まるで、SFの世界だったよ。この感覚を、僕が作ってきた中で一番スピード感のあるリミックスとして表現したかったんだ!」 Myd

Info

「Orange Mug - Myd Remix」

Digital Single

2020年9月30日(水)配信開始

アーティスト:WONK,Myd

『EYES』

Digital Album

2020年6月17日(水)配信

https://caroline.lnk.to/Eyes_AL_Wonk

Label:EPISTROPH/Caroline International

■収録曲

01.Introduction #5 EYES

02.EYES

03.Rollin’

04.Orange Mug

05.Sweeter, More Bitter

06.Filament

07.Skit 1 - Behind The World

08.Mad Puppet

09.Blue Moon

10.Signal

11.Esc

12.Skit 2 - Encounter

13.Third Kind

14.Depth of Blue

15.If

16.Skit 3 - Resolution

17.Heroism

18.Fantasist

19.Nothing

20.Phantom Lane

21.Skit 4 - Prayer

22.In Your Own Way

related

Bromance RecordsとYSL Crewによるミックステープ『Young Slime Season』

Brodinski率いるパリのレーベルBromance RecordsとYoung Thugを中心とするアトランタのYSL Crewがコラボレーション・ミックステープ『Young Slime Season』を発表した。

Club Chevalのアルバム『Discipline』から“Young Rich and Radical”のミュージックビデオが公開

3月に来日公演をおこなったSam TibaとMYDが所属するフランスのユニット、Club Chevalのデビューアルバム『Discipline』から“Young Rich and Radical”のミュージックビデオが公開された。 Club Chevalの最新ミュージックビデオ公開 このトラック...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。