GOBLIN LANDが内省的な新曲"赤灯ELEGY"をリリース

4月にメジャーデビューEP『KANSAI STAR』をリリースしたGOBLIN LANDが、新曲"赤灯ELEGY"を9/16(水)に発表する。

前作は彼らの持つハングリーな姿勢を、アグレッシブなサウンドとリリックで表現した作品だったが、今作では雰囲気が一変、周囲との関係の中で自身の性格を客観的に見つめ、より内省的なリリックを綴っている。サウンド面でも晩夏を想起させるメロウでノスタルジックなサウンドを用いており、一度耳にすれば強く印象に残るアプローチとなっている。

Info

赤灯ELEGY 

Producer Zetton Composer Zetton / Marchin / Noah Furugen Lyricist Yuzin / Keiji

https://goblinland.lnk.to/sekitoelegyPR

related

GOBLIN LANDがニューシングル"BAGU"をリリース

GOBLIN LANDが、本日3/31(水)にニューシングル"BAGU"をリリースした。

GOBLIN LANDがアグレッシブに進み続けるスタイルを表現した新曲"HIGH ENA"をリリース

GOBLIN LANDが9月にリリースされた"赤灯ELEGY"に続き新曲"HIGH ENA"を、11/25(水)にリリースした。

GOBLIN LAND、Gokou Kuyt、TAEYO、SUSHIBOYS、XY GENEなどが出演するイベント『Singularity』が渋谷 WWWで開催

東京・渋谷WWWで観客有り+配信の形でイベント『Singularity』が、11/2(月・祝前日)に開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。