PUNPEEが5lackを迎えた"Wonder Wall"のミュージックビデオを本日プレミア公開

PUNPEEが7月にリリースしたEP『The Sofakingdom』から、実弟の5lackを迎えた"Wonder Wall"のミュージックビデオを、本日8/31(月)の20時にプレミア公開する。

PUNPEE自身がトラックをプロデュースしたこの楽曲。監督にはKID FRESINOなどのMVも手がける山田智和が起用された。

PUNPEEは、9/13(日)には、LIVE WIREにて生放送配信ライブを行なう。この日もPUNPEEらしい工夫を凝らしたパフォーマンスを目指している。

Info

PUNPEE @LIVE WIRE "Sofa Kingdomecome" 

日時:9/13(日)OPEN 19:30 / START 20:00

前売:¥2,000 / 当日:¥2,500

Link : https://livewire.jp/schedule/punpee200913/

Artist:PUNPEE
Title:The Sofakingdom
Release:2020.07.01
Include:5 Songs
Format:DL / Streaming
No.:SMMT-140
Label:SUMMIT, Inc.

●Track List:

  1. The Sofakingdom VR
     Produced by PUNPEE
  2. GIZMO (Future Foundation)
     Produced by PUNPEE
  3. 夢追人 feat. KREVA
     Produced by Nottz
  4. Operation : Doomsday Love
     Produced by PUNPEE
  5. Wonder Wall feat. 5lack
     Produced by PUNPEE

All Recorded by PUNPEE @板橋録音クラブ
All Mixed by Shojiro Watanabe
Mastered by Kevin Peterson
Promotion : Ren “Reny” Hirabayashi (SUMMIT, Inc.)
A&R : Takeya “takeyan” Masuda (SUMMIT, Inc.)

℗© 2020 SUMMIT, Inc.

related

PUNPEEが『The Sofakingdom』のエキストラコンテンツである『Return of The Sofakingdom』をリリース

PUNPEEが2020年に発表した5曲入りのEP『The Sofakingdom』のエクストラコンテンツ(付録的位置付け)である『Return of The Sofakingdom』を12/7(水)にリリースする。

数々のパーティーをメイクしてきた『Erection』の15周年パーティーが12月に開催 | Daichi Yamamoto、FNCYなどがライブ、PUNPEEやKM、okadada、髙城晶平などがDJで出演

2007年に代官山SALOONで初開催された『Erection』の15周年を記念したパーティーが、12/29(木)にSpotify O-EAST / 東間屋で開催する。

PUNPEEがツアー『The Sofakingdom Tour』を『The Sofaking... Damn!!! Tour』として開催決定

2020年に開催を予定していたPUNPEEの全国ツアー『The Sofakingdom Tour』が、幾度かの延期を経て、『The Sofaking... Damn!!! Tour』として12月から開催が決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。