BLACK SMOKER RECORDSからYO.ANのミックスCD『CONTACTO RICO』がリリース

ケートカルチャーとアンダーグラウンドミュージックシーンを繋げるDJ、アーティストクルーにしてレーベルのHOLE AND HOLLANDに所属し、トラックメイカーとしても国内外でプロップスを集めるYO.ANのミックスCD『CONTACTO RICO』がBLACK SMOKER RECORDSから9月16日にリリースされる。

これまでEVISEN、TIGHTBOOTH、SON OF THE CHEESE、SONYをはじめとする映像作品への楽曲提供やミックスを制作し、DJとして香港や上海、Boiler Room、ロンドンのNTS Radioなど国内外の現場でプレイしてきたYO.AN。確かな経験に裏打ちされたスキルで、テクノやハウスからヒップホップ、レゲエまで様々なストリートミュージックを横断するミックスとなっている。

スペイン語で”濃厚接触”を意味する『CONTACTO RICO』をタイトルにした本作は、緊急事態宣言中にレコーディング。ハウス、ディスコ、テクノ、ワー ルドミュージック、ジャズ、ヒップホップ、レゲエ等、ストリートカルチャーをバックグランドに多彩な音を巡らせるYO.ANのDJとしてのアートフォーム の結晶とも呼べる作品に。

フロアグルーヴを軸に、YO.AN自身によるエディットや今後リリースの音源を含む様々な音楽世界を紡ぎ描きながら、混沌とした現状へのメッセージ、そして未来への願いを体感的に伝える66分のサウンド・ギフトになっている。 読み切れぬ現状と見えない未来への閉塞の心情を解き放つリリカルなオープニングから、レゲエ/ダブでリラックスな一服挟んでからの→スムーズなアイランド・ダンス・グルーヴへ誘い出す。カリブからトロピカルな開放感へと連れ出し、南米のトライバルな躍動が未開のエキゾチック世界へ ガイドする。

魅惑の音とリズム/グルーヴに耳と身を委ねるまま、”謎”の辺境ディスコ、極東ヒップハウス、グローカル・ブラック・ディスコ、アシッドな刺激、ジャ ズの色気、ソウルフルな高揚とハートウォーム...と、多彩でフレッシュな”楽””音”体験が体感型で紡がれていく66分のギフト。そしてメッセージが MARKINGされた感動的なエンディングは、オープニングへのバトンとしてミックスされる。

PARTY NEVER ENDING。最光のサウンド・パッケージがここに。

西田直紀 (JAZZYSPORT)

Info

CONTACTO RICO/YO.AN

発売日:9/16(水)

time 66:04

Artwork by BEST MATCH CORNER

Mastered by Takuya Nakamura

related

伊東篤宏とテンテンコ によるデュオユニットZVIZMOが都市型呪術音楽アルバム『ZVIZMO II』を10月にBLACK SMOKER RECORDSからリリース

伊東篤宏とテンテンコ によるデュオユニットZVIZMOが、3rdアルバム『ZVIZMO II』を10月7日(水)にBLACK SMOKER RECORDSからリリースすることが決定した。

BLACK SMOKER RECORDSと河村康輔によるアートショーがビームス T 原宿で開催 | K-BOMBとの合作コラージュを落とし込んだアイテムなども登場

7/31(金)~8/10(月・祝)の間にビームス T 原宿でBLACK SMOKER RECORDSと河村康輔によるアートショーが開催される。

BLACK SMOKER RECORDSからDJ MOROとKΣITOによるユニットGQOMZILLAのミックスCD『Okusha』が発売

アフリカの最新ダンスミュージックを東京的解釈でクロスオーバーさせるDJクルーTYO GQOMや、テクノウルフのメンバーとしても活動するDJ MOROとKΣITOによるユニットGQOMZILLAが、BLACK SMOKER RECORDSからミックスCD『Okusha』を7月7日(水)にリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。