Frank Oceanが『君の名前で僕を呼んで』などのルカ・グァダニーノ監督とのシークレットプロジェクトとしてMV制作に取り組んでいたことが判明

『君の名前で僕を呼んで』や『サスペリア』などで知られる映画監督ルカ・グァダニーノ。Kid Cudiが出演しBlood Orangeが音楽を手掛けるHBOのドラマシリーズ『We Are Who We Are』の放送も来月より予定している彼が、Frank Oceanとコラボしたプロジェクトを秘密裏に進めていたことが明らかになった。

Complexによると、ルカ・グァダニーノは『We Are Who We Are』の放送に伴うNew York Timesのインタビューに登場。そのインタビューを担当した記者であるKyle Buchanan氏が、グァダニーノとフランク・オーシャンが共同でプロジェクトを進めていたことを明かした。

彼は「HBOの番組に向けてルカ・グァダニーノと話しました。そこで、彼は最近Frank Oceanと秘密のプロジェクトを進めていることを教えてくれました。“僕たちは実現しなかったミュージックビデオでコラボしていたんだ。FrankにアピールするためにTimesを使っ手いるんだ。Frank、ビデオをやろう、って”」とツイートしており、以前二人がMVを共に制作していたことが語られている。また、グァダニーノはFrank OceanとのMV制作を完成させたいと考え、今回のインタビューを機に企画を再開したいと思っているようだ。

インタビュー自体はまだ公開されていないため二人のコラボの詳細等は不明だが、『君の名前で僕を呼んで』のファンであることを公言しているFrank Oceanだけに、ルカ・グァダニーノが彼のMVを制作するというストーリーには非常に納得がいくところだ。

グァダニーノの言葉によればMVは未だ実現に至っていないようだが、果たして今後我々が二人のコラボを観ることが出来る日は訪れるのだろうか?

related

【特集】「私と『Blonde』」vol.2|「自己」の多層性を開ける

Frank Oceanが2016年8月20日にリリースした歴史的名作『Blonde』から、今年で早5年。多くのリスナーに衝撃をもって迎えられた同作は、現在に至るまで様々な分野のアーティストに絶大な影響を与え続けている。

【特集】「私と『Blonde』」vol.1|butasakuによる往復書簡

Frank Oceanが2016年8月20日にリリースした歴史的名作『Blonde』から、今年で早5年。多くのリスナーに衝撃をもって迎えられた同作は、現在に至るまで様々な分野のアーティストに絶大な影響を与え続けている。

SZAが新曲“Good Days”のリミックスをFrank Oceanに依頼すると語る

SZAが昨年末にリリースしたニューシングル“Good Days”。Jacob Collierが参加したこの楽曲は彼女の『Ctrl』に続く新作を期待させるものとして高い評価を受けているが、そんな同曲について楽しみなニュースが出ている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。