DYGLがアメリカの映像配信メディアNoonChorusから配信ライブを開催

DYGLがオンラインライブを8/30(日)の日本時間午前10時から、アメリカの映像配信メディアNoonChorus (ヌーン・コーラス)で世界配信される。

NoonChorusはThird Man Recordsなどのインディーズ・レーベルやBright Eyes、Future Islandsといったアーティストとのパートナーシップを通じて、ニッチなインディーズ市場を開拓している配信メディア。

2019年のNY公演がソールドアウトとなったことから初の日本人アーティストとしてDYGLのNoonChorusでの全世界配信ライブが決定した。ライブは結成前より馴染み深いライブハウス 落合soupにて、プライベートでも親交のある撮影チームと共に事前収録を行ったライブを配信する。国内外問わず勢力的に活動を行なっていたDYGLにとって約6ヶ月の空白は長かったが、無観客ライブに対する向き合い方とアイデアをメンバー全員で話し合い、自分たちの原点であるDIY精神が詰まったライブとなっている。決定と同時にティザーも公開されている。

Info

dygl

DYGL Streaming Live

2020年8月30日 (日) AM10:00~ 日本時間

(2020年8月29日 (土) PM9:00~ 米国現地時間)

NoonChorusにて配信

料金: 15米ドル +手数料 (英語対応のみ/ 9月2日 (水) まで購入可能) https://noonchorus.com/dygl/

配信終了後72時間のアーカイブ配信あり 

related

DYGLが観客が撮影した映像を集めて制作したライブ映像作品を公開|1stアルバム『Say Goodbye to Memory Den』のアナログ盤も再販

DYGLが今回、いままで携帯などでをライブ映像を撮影したことがあるファンの映像を募集し、国内外から多くのLIVE映像を集め、その映像をつなぎ合わせて“BAD KICKS”、“LET IT SWAY”の2曲のライブ映像作品を完成させた。

NTsKiがDYGLのYosuke Shimonakaを客演に迎えた新曲"Heaven"を5月にリリース

新鋭SSW/プロデューサーのNTsKiが、国内外で活躍するバンド、DYGLのギターを務めるYosuke Shimonakaを客演に迎えた新曲"Heaven"を5/13(水)にリリースすることが決定した。

DYGLがジャパンツアー東京公演のライヴ映像を公開|1stアルバムのアナログ版の再販も決定

国内、海外ツアーを含め全52公演を無事完走したDYGLが、ジャパンツアー東京公演のライヴ映像を公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。