スペースシャワーによるオンラインライブハウス『LIVEWIRE』の第二弾が発表|Awich、TENDRE、Tempalay、小山田壮平らが出演

音楽専門チャンネル、音楽レーベル、アーティストマネジメント、ライブハウスなど音楽を中心とした様々な事業を企画、運営、プロデュースしてきたスペースシャワーネットワークが先月スタートした有料課金型のライブ配信サービス『LIVEWIRE』。そのオープニングシリーズ第2弾の出演アーティストが発表された。

第1弾ラインナップとして発表されたカネコアヤノ(7月5日公演)、くるり(7月11日公演)、Yogee New Waves(7月12日公演)、Suchmos(7月19日公演)の公演はいずれもアーティストそれぞれに趣向を凝らした映像や音にこだわり、アーティストに縁ある場所から配信するなど、LIVEWIREならではの配信ライブとなった。今後の公演に期待が膨らむ中、8月から9月にかけて実施予定の第2弾ラインナップにはAwich、小山田壮平、TENDRE、Tempalay、yonigeの登場が決定。いずれもロック、ヒップホップシーンのみならず音楽、カルチャーシーンに大きな存在感を放つアーティストが揃うこととなった。

また、今後は8月12日に「スマホライブ」と銘打った生配信ライブの開催を発表している銀杏BOYZ、そして詳細発表が待ち遠しいPUNPEE、中村佳穂の公演も控えている。

Info

<オープニングシリーズ第2弾アーティスト>
◆8月14日(金)
yonige
■公演詳細
「安全な公演」
<配信日>2020年8月14日(金)
OPEN 19:30 / START 20:00
<チケット>NOW ON SALE
前売券:¥2,500(税込)
当日券:¥3,000(税込)
<見逃し配信>公演終了後~8月20日(木)23:59
<チケット販売期間>7月28日(火)18:00~8月20日(木)21:00まで
<お問い合わせ先>livewire@spaceshower.jp
<購入はこちら>https://livewire.jp/

◆8月25日(火)
Awich
※公演詳細は後日発表

◆COMING SOON
小山田壮平

◆COMING SOON
TENDRE

◆COMING SOON
Tempalay

<LIVEWIRE Official HP/SNS>
◆Official HP/ https://livewire.jp/
◆Official Twitter / LIVEWIRE(@LIVEWIRE_JP)
#LIVEWIRE #ライブワイヤー
◆Official Instagram / LIVEWIRE(livewire_jp)

related

Spotifyが日本のヒップホップにフォーカスした新たなプレイリスト『+81 Connect』を公開 | Awich、BIM、Daichi Yamamoto、KM、Leon Fanourakis、LEXなどをアンバサダーに起用

Spotifyが5年間にわたり日本のヒップホップシーンの今を切り取ってきたプレイリスト『New Era: J-Hip-Hop』をリブランディングした新しいプレイリスト『+81 Connect』を公開した。

TENDREがメジャー1stアルバム『IMAGINE』より“ENDLESS feat. SIRUP”を来週先行リリース

TENDREが、9月29日(水)にリリースされるメジャー1stアルバム『IMAGINE』収録曲より“ENDLESS feat. SIRUP”を9月8日(水)に先行リリースすることが決定した。

Awichが9月にリリースするEP『Queendom』からダブルミーニングな"口に出して"を先行リリース

先日リリースした"GILA GILA feat. JP THE WAVY, YZERR"が大きな話題となっているAwich。NHK東京2020パラリンピック応援企画「Wonder Infinity」への参加などで勢いが止まらない彼女が9月にリリースするEP『Queendom』から、"口に出して"を明日8/27(金)に先行リリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。