NENE 『夢太郎』| お化け・インド・トランス

ゆるふわギャングのNENEが今月リリースした2枚目のソロ作となるEP『夢太郎』。もちろんゆるふわギャングの楽曲でもそうなのだが、前作の『NENE』や、今作においてもNENEは自分らしく自由であることを追求しているようだ。「東京の中のオアシス」をテーマにした前作は、騒がしく人が行き交う東京の街の中で自身が開放できる自由な空間を音楽で表現していた。そして今作では伝説の妖怪をテーマに、さらにサウンドの幅も広がり新しいスタイルをみせている。

先日ミュージックビデオが公開されたリラックスしたトラックの上で「お化けが見える ここ最近ずっと 気にしてないけど」という印象的なフレーズで始まる"慈愛"でもわかるように、現在の彼女は、異世界のお化けと出会っても気にしないくらいに心に余裕があるようだ。夜だけではなく朝にも登場しているお化けたちを慈しむようなフロウが流れていく。しかし楽曲はただ精神的にタフになっただけというよりも、自身の暗いところにある影の部分を抱きしめられるようになったことがわかる。お化けとは本当のお化けでもあるだろうし、見えないように蓋をしていた感情でもあるだろう。NENEはFNMNLに対して、好きなお化けは今作のジャケットにもなっている「ろくろっ首」と回答し、「寝てるときに魂が抜け出るタイプのやつが好き。似たような体験をしたことがあるから。」とコメントしている。

ちなみにこの印象的なジャケットはタトゥーアーティストのGANJIによるものだ。ちなみにこうしたお化けさえ受け入れる心境に至った1つのきっかけとして、Ryugo Ishidaはもちろんヘンタイカメラ❤️のアキラアラサワとYOUTHEROCK★とともに行った今年初頭のインドのゴアへ遠征があるかもしれない。現地でレイヴなどにも参加したというNENEはインドについて「色んな人を受け入れる懐の大きい国」だったと振り返っている。人との距離感なども日本とは全く異なっていたというインドからは、精神的な広がりともう1つ様々なひとがいる中でも「自分達のヤバさを再確認できた」という自信も持ち帰ってきた。

インドでのゆるふわギャング

その自信は『夢太郎』の中でも、最後に収録されたレジェンドNIPPSをフィーチャーした"地獄絵図"で聴くことができる。生々しいインダストリアルなトラックを前にして圧倒的なラップを聴かせてくれる。「化け物みたいに怒り狂ってる そんな女は最初で最後」と今度は自分が化け物になり、魑魅魍魎が蠢く世界を生き抜こうとしているようだ。

そしてインドに行くきっかけとなってるのがトランスとの出会いで、インド遠征のメンバーでその体験を伝えるべくEP『GOA』も同時リリースしている。昨年くらいからレイヴパーティーに興味を持ち出し、自身も密かにDJとしての活動をスタートさせているNENE曰く好きなトランスは「ヘンタイカメラ❤️の作る音楽にぶっ飛ばされました」ということだ。いつかあなたが参加するレイヴで彼女がプレイをしていることがあるかもしれないだろう。

生憎この夏は、遊園地のお化け屋敷にも足を運べないかもしれない。しかし『夢太郎』を聴きながらあなたも自分の中のお化けに出会ってみてはどうだろうか?(和田哲郎)

Info

Artist : NENE
Title: 夢太郎

Track List
1. 山彦
2. 6969 ft. Ryugo Ishida
3. 慈愛
4. 名器 ft. Awich
5. Dilemma
6. 地獄絵図 ft. NIPPS
配信リンク:https://linkco.re/E7eNSP2Q

Artist: ゆるふわギャング, ヘンタイカメラ❤️ & YOUTHEROCK★
Title: GOA

Track List:
1. Alien Disco
2. HENTAI GANG
3. GOA
4. Arambol Yanky
配信リンク:https://linkco.re/0GCgcSPB

related

KMとdooooのレジデントパーティー『STEREO WAVE』にゆるふわギャングが出演

渋谷・Sound Museum Visionを舞台にビートメイカーのKMとdooooがレジデントを務めているパーティー『STEREO WAVE』が、11/14(土)に開催される。

『夏の魔物』によりKOHHやTohji、ゆるふわギャング、5lack、SEEDA、Jin Dogg、鎮座DOPENESSなどが手塚プロのキャラクター化

YouTubeにて10/19(月)~10/23(金)、幕張メッセイベントホールで10/24(土)~10/25(日)に開催される『夏の魔物』による新シリーズ『夏の魔物SPECIAL MAMONOISM』が手塚プロダクションにアートワークを依頼し、描き下ろしされた出演者イラストが公開となった。

NENEがEP『夢太郎』からNIPPSをフィーチャーした超強力な"地獄絵図"のMVを公開

ゆるふわギャングのNENEが7月にリリースしたEP『夢太郎』からNIPPSをフィーチャーした"地獄絵図"のミュージックビデオを公開した。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。