Yogee New Wavesが7月12日にバンド初となる配信ライブを『LIVEWIRE』で開催

スペースシャワーが手掛けるオンラインライブハウス『LIVEWIRE』のオープニングシリーズにて、Yogee New Waves初となる配信ライブ『Yogee New Waves Presents Live Streaming -Naked-』が7月12日に開催されることが決定した。

「Naked」と題され6月某日に渋谷WWWXにて収録された今回のライブは、まさに「剥き出し」をテーマに、生のライブでは感じることのできない距離感、最大限にライブの熱が伝わるカメラワークや演出を交え、これまでの配信ライブとは一線を画した、極めて肉体的な映像が期待できるものとなっている。4人編成の緊張感あるセッションや、Vo.角舘健悟の弾き語り、サポートメンバーに松井泉、高野勲を迎えた6人編成でのライブなど、3部構成に及ぶ凝縮されたパフォーマンスだ。

2020年3月より開催予定だった自主企画イベント『Dreamin’ Night 2020』の延期、さらに出演が発表されていたFUJI ROCK FESTIVAL 2020の延期など残念なお知らせが続く中決定した、Yogee New Waves初となる配信ライブ。今だからこそ実現する貴重なライブとなっている。

なお、本公演は7月12日(日)17:00より配信スタート、チケットは本日7月3日(金)18:00よりLIVEWIREオフィシャルサイトで販売開始となる。

Info

【配信ライブ】

LIVEWIRE - Yogee New Waves Presents -Naked-

2020年7月12日(日) OPEN 16:30 / START 17:00

※視聴ページへは開演時間までに余裕をもってアクセスいただくことをおすすめいたします。

【チケット代】

前売り:\2,000、当日:\2,500

チケット販売期間:7月3日(金)18:00~7月18日(土)21:00

アーカイブ:7月18日(土)23:59

<チケット購入はこちら>https://livewire.jp/

<お問い合わせ先>livewire@spaceshower.jp

【LIVEWIRE Official HP/SNS】

◆Official HP

https://livewire.jp/

◆Official Twitter

LIVEWIRE(@LIVEWIRE_JP)

#LIVEWIRE #ライブワイヤー

◆Official Instagram

LIVEWIRE(livewire_jp)

related

【ライブレポート】PUNPEE『Sofa Kingdomcome』 @ LIVEWIRE | 過去、現在、未来を繋いだPUNPEEらしさ全開のパフォーマンス

スペースシャワーによるオンライン・ライブハウス『LIVEWIRE』でPUNPEEによるワンマンライブ『Sofa Kingdomcome』が9/13(日)に放送された。最新EP『The Sofakingdom』をリリースして以来初となった、2年ぶりのワンマンライブは、渋谷のManhattan Recordsの前の路上からスタート。

スペースシャワーによるオンラインライブハウス『LIVEWIRE』の第二弾が発表|Awich、TENDRE、Tempalay、小山田壮平らが出演

音楽専門チャンネル、音楽レーベル、アーティストマネジメント、ライブハウスなど音楽を中心とした様々な事業を企画、運営、プロデュースしてきたスペースシャワーネットワークが先月スタートした有料課金型のライブ配信サービス『LIVEWIRE』。そのオープニングシリーズ第2弾の出演アーティストが発表された。

スペースシャワーによるライブ配信サービス『LIVEWIRE』が始動 | 第一弾にPUNPEE、カネコアヤノ、中村佳穂、Suchmosなどが登場

創業30年の歴史の中で音楽専門チャンネル、音楽レーベル、アーティストマネジメント、ライブハウスなど音楽を中心とした様々な事業を企画、運営、プロデュースしてきたスペースシャワーネットワーク。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。