DJ HASEBEがRyohuと土岐麻子をフィーチャーした新曲"Welcome to my room"をリリース | 18年ぶりのニューアルバムもリリース決定

DJ HASEBEがRyohuと土岐麻子をフィーチャーした新曲"Welcome to my room"を本日6/24(水)にリリースした。

コロナ禍を経て配信DJに注目し、「投げ銭」のシステムを取り入れた配信を行っていたDJ HASEBEは、よりスピーディにリスナーと音楽を享受し合う関係の必要性について考えていた。この新曲はこのDJ配信から着想を得た楽曲となっていて、作詞をRyohuと土岐麻子が手掛けている。

DJ HASEBE
Ryohu
土岐麻子

またDJ HASEBEは7/29(水)には2002年の『Tail Of Old Nick』以来18年ぶりとなるニュー・アルバム『Wonderful tomorrow』をリリース予定だ。

DJ HASEBEからのメッセージ
今回の新曲のテーマは、コロナ禍の3月から5月にかけて私が行ったDJライブ配信「Welcome to my room」からイメージして客演の2人に提案しました。
離れて暮らす家族、友人や恋人などに自分の部屋から優しく呼びかけたり見守っていたり。
世の中の価値観やシステム、風景は変わったいくけど、心の繋がりは変わらないし、今を大切に生きればより深まっていく。
きっとまた私の部屋にきて、楽しく語り合い笑顔で過ごそう。
変わっていく未来をポジティブに生きよう。
こんな思いをRyohuと土岐麻子さんに歌詞にしてもらいました。
2人には数年前から声をかけていましたが、ライブ配信を始めて直ぐにこの曲のイメージが浮かび、
「この曲だな」という直感で決めさせてもらいました。
ビートも客演の個性とテーマの中から自然と生まれてきて、ライブ配信のエンディング曲的な感覚と、数年後にこの曲を聴いたときに今の特別な時間をしっかり感じられるように作りました。
イントロダクション的な「これから」の始まりの曲でもあり、アルバム「Wonderful tomorrow」へ繋がっていきます。

Info

曲名:「Welcome to my room feat. Ryohu & 土岐麻子」
発売日:6月24日 (水) 00:00AM
Linkfire:https://umj.lnk.to/3I3L9

related

Ryohuが2ndアルバム『Circus』を来週リリース | YONCE、IO、佐藤千亜妃、Jeterなどが参加

KANDYTOWNのメンバーでもあるRyohuが、ソロとしては2年ぶりの2ndアルバム『Circus』を来週9/21(水)にリリースする。

Ryohuが様々なアーティストを客演に招いた楽曲を5ヶ月連続でリリース | 第一弾としてYONCEをフィーチャーした"One Way"を発表

KANDYTOWNの中心メンバーであるラッパーのRyohuが、今月から様々なアーティストを客演に招いた楽曲を5ヶ月連続でリリース。第一弾として盟友YONCE(Suchmos)を客演に招いた"One Way feat. YONCE"を4/6(水)に発表する。

Gottz、Ryohuが書き下ろしたブラックラムズ東京の公式チームソング“WINNING”がリリース

世田谷を拠点に活動するヒップホップクルーKANDYTOWNに所属するラッパーのGottzとRyohuが、同じく世田谷をホストエリアとして活動するラグビーチーム・ブラックラムズ東京の公式チームソング“WINNING”を書き下ろし、本日2022年1月28日にリリースした。また、同楽曲が使用された2022年シーズンにおけるブラックラムズ東京のプロモーションビデオが今夜20:00よりYouTubeにて公開される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。