君島大空と羊文学の塩塚モエカによる七尾旅人の名曲"サーカスナイト"のカバーがリリース

君島大空と羊文学の塩塚モエカによる七尾旅人の名曲"サーカスナイト"のカバーが本日6/24(水)にリリースされた。

カバーのリリースのきっかけとなったのは、イベントで一緒に演奏し、思い出深い曲であった同曲を録音しようという連絡から。君島大空が爪弾くガットギターのファイルを受け取った塩塚モエカがうたをのせ、そこに君島の声、ギターの音色が折り重なる。温もりあるサウンド、声の響きは、音を奏でることへの純粋な喜びが詰まっているようにも感じさせる。

Info

君島大空と塩塚モエカ
サーカスナイト
2020.6.24 Digital Release

https://bit.ly/3fM20XX

related

君島大空 合奏形態の単独公演『光を剥がして纏うこと vol.2』が新木場スタジオコーストにて来月開催

君島大空が新木場スタジオコーストにて単独公演『光を剥がして纏うこと vol.2』を12月21日(火)に開催する。

A_oの"BLUE SOULS"のSTUTSによるリミックスがリリース | dodoと塩塚モエカが参加

A_oによるポカリスエットのCMソングとしても話題となった"BLUE SOULS"のSTUTSによるリミックスが、本日10/6(水)にリリースされた。

STUTSがdodoと羊文学の塩塚モエカを迎えたA_o "BLUE SOULS” のリミックスを公開

STUTSが2人組アーティストA_oの楽曲“BLUE SOULS”のリミックスを制作、スペースシャワーミュージック公式YouTubeチャンネルにて公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。