Kaoru InoueのオウンプロジェクトChari Chariによる18年ぶりのニューアルバム『We hear the last decades dreaming』がリリース

DJ/プロデューサーとしてAurora Acousticなどのプロジェクトで活動してきたKaoru Inoueが、Chari Chariとして18年ぶりのニューアルバム『We hear the last decades dreaming』を7/22(水)にリリースする。

Chari Chariは1994年にブレイクビーツとエキゾティシズムのフュージョンを目指しスタートしたプロジェクトだったが、2002年にToy's Factoryよりリリースした2ndアルバム『In Time』と、Bonjour Recordsからリリースした12インチ『Aurora EP』のリリースにより国内外での評価を不動のものとするものの、以降この名義での活動をしばらく封印していた。

アルバムとしては18年ぶりとなる本作は原点回帰、そして集大成と呼べる、辺境愛に満ちたオーガニックなエレクトロニックミュージック集。現代音楽やミニマル音楽、民族音楽、アンビエント、ニュー・エイジ音楽、アヴァン電子音楽などの影響が渾然となった内容で、2016年に12インチオンリーでリリースされた10分を越える壮大なディープハウス巨編"Luna de Lobos"などのレアトラックも収録している。

また本日から自身が主宰するレーベルSeeds And Groundの関連楽曲(Chari Chari、Kaoru Inoue、Aurora Acoustic)のデジタル配信を解禁した。

Info

Artist : Chari Chari (チャリ・チャリ)
Title : We hear the last decades dreaming (ウィー・ヒアー・ザ・ラスト・ディケイズ・ドリーミング)
Label : Seeds And Ground
Release Date : 2020年7月22日(水)
Format: CD/Digital
Cat No. : SAGCD035
Price(CD) : 2,200円+TAX
JAN : 4526180515753

収録曲
01. Tokyo 4:51
02. Of Mystic Dreams
03. Esfera de Água
04. In Exotic Haze
05. Suburban Archeology
06. Uluwatu Monkey Dance
07. Nanban Lights & Shadows
08. Saravah
09. Luna de Lobos
10. Fading Away
11. Nocturnal Bell
12. Black Shrine

Release Date : 2020年6月18日(木)

①Kaoru Inoue「The Dancer Extra」: http://ultravybe.lnk.to/thedancerextra
1. Eclipse Of The Moon
2. The Dancer
3. On The Road
4. Two Punks, Three Indians
5. Keep On (Uzhaan Beats)
6. Take Your Departure
7. In The Bush
8. Valley Of Light
9. Assimilation
10. Keep On
11. 234
12. The Secret Edge

②Kaoru Inoue「Slow Motion Revised」: http://ultravybe.lnk.to/slowmotionrevised
1. Wave Introduction
2. Sun Salute
3. Radiance
4. Melting
5. Mystic Motion
6. The Secret Field
7. Rising Moon
8. A Day Of Radiance
9. Em Paz
10. Sunset Salute

③Kaoru Inoue「Sacred Days」: http://ultravybe.lnk.to/sacreddays
1. Musubi
2. The Invisible Eclipse feat. Jebski
3. Happenings
4. Ground Rhythm
5. The Sun Goddess feat. TeN
6. Ancient Future Beings In The Place
7. Celestial Dust
8. Tokyo Diver feat. Sinsuke Fujieda
9. Kamui Fuchi feat. D.G
10. Sacred Days
11. She Was In Ecstasies

④Kaoru Inoue「A Missing Myth」: http://ultravybe.lnk.to/amissingmyth
1. Sphere
2. Malam
3. Nova
4. Ramafar
5. Etenraku
6. Force
7. Savage
8. Ground Rhythm (The Backwoods Remix)
9. Prayer
10. Stargazer
11. Selva
12. Tokyo Diver (Jebski Remix)
13. The Sun Goddess (Nag Remix)

⑤Aurora Acoustic「Harmony of the Spheres」: http://ultravybe.lnk.to/hots
1. Opening with Ignat
2. Skylight
3. Maiden Voyage
4. Todoroki
5. Inaho
6. Sprout
7. Harmony of the Spheres
8. Winter Solstice
9. Moon Beam
10. Slow Tide
11. 夕凪
12. Live at Muriwui
13. Aurora Acoustic

⑥Aurora Acoustic「The Light Chronicles」: http://ultravybe.lnk.to/tlc
1. Arquivos do Verão
2. Dançarino da Estrêla
3. Lo Stesso Sangue
4. Auroral Echo #1
5. Kagerou
6. Sun & Wave
7. Launch Out
8. Auroral Echo #2
9. Fly From East
10. Northern Lights
11. Kumano

⑦Aurora Acoustic「Tuning」: http://ultravybe.lnk.to/tuning
1. A Day
2. Haze
3. Mon-Syu-In
4. Olivine
5. Kinuta Park Intro
6. Sketch #2
7. Rain
8. Sketch #3
9. Meteor Stream
10. Cruising
11. Cryptmeria
12. Deify
13. Sketch #4
14. Sonde
15. Subtle
16. Okura Balearic Sunrise
17. Kinuta Park Outro

⑧Chari Chari「Folk Remedy Anthem」: http://ultravybe.lnk.to/folkremedyanthem
1. Night Stream
2. Kesarian
3. Calling Spirit
4. Blue Reef
5. Rainforest Interlude
6. Night Of Warriors
7. Showa Dust
8. Capoeira Breaks
9. In Dope Rhythms
10. Spirit in Tala
11. Beast in Batuque
12. Aurora 2004 (Calm presents KF's Re-Touch)

➈Kaoru Inoue「Of Mythic Future」: http://ultravybe.lnk.to/ofmythicfuture
1. Healing Force
2. Sunset Over Yaeyama
3. Force (Vahagn Remix)
4. Healers On Fire
5. Satan's Majestic Dance
6. Tempo Sauvage
7. Etenraku (Quantonic Remix)
8. Izanai
9. Meteor Stream
10. Escape

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。