WONKがアルバム『EYES』のリリースを記念して『EYES SPECIAL 3DCG LIVE』を開催決定

WONKが3年ぶりとなるニューアルバム『EYES』を本日6/17(水)にリリースした。

高度な情報社会における多様な価値観と宇宙をテーマに、WONKメンバーが自分たちの価値観を取り入れたコンセプトアルバム。コンセプトの起案からオリジナルの脚本作りを経て、架空の映画『EYES』のサウンドトラック的な内容となっている。本作のリリースを記念して架空の映画『EYES』の世界観を3DCGで表現、最新のテクノロジーを用いてメンバーがアバターとして登場し仮想空間上でライブパフォーマンスを繰り広げる『EYES SPECIAL 3DCG LIVE』が開催される。日程などは後日発表となる。

また本日20時から、InterFM897にて『WONK RADIO』が1日限定復活。2018年よりスタート、2020年3月末までWONKが毎週レギュラーを務めていた番組で、『EYES』リリース記念でオンエアされる。番組内では、アルバム名にちなみ、「目」にまつわる話を様々な視点からお届けするほか、スタジオライブとして"Rollin’"と"Nothing"が披露される。メンバーによる楽曲解説や制作秘話、特別対談などのコンテンツを発信するオフィシャルnoteもスタートした。

Info

WONK 4th Album『EYES』
[Digital Album] 2020.6.17(水)Release

[ART BOOK+CD] 2020.7.22(水)Release
完全予約限定作品
¥8,800(tax in)
POCS-23906
Label:EPISTROPH/Caroline International

<特殊仕様>
・LPサイズ:AR対応ART BOOK[約30㎝×30cm/24 P] + CD
・WONK初となる歌詞+対訳入り

既に予約受付が終了しているストアもございます。
各WEB STORE及びCDショップ毎の在庫は各店までお問い合わせください。

■収録曲
01.Introduction #5 EYES
02.EYES
03.Rollin’
04.Orange Mug
05.Sweeter, More Bitter
06.Filament
07.Skit 1 - Behind The World
08.Mad Puppet
09.Blue Moon
10.Signal
11.Esc
12.Skit 2 - Encounter
13.Third Kind
14.Depth of Blue
15.If
16.Skit 3 - Resolution
17.Heroism
18.Fantasist
19.Nothing
20.Phantom Lane
21.Skit 4 - Prayer
22.In Your Own Way

●InterFM897「WONK RADIO」
放送日時:6/17(水) 8:00pm – 9:00pm
https://www.interfm.co.jp/news/single/wonk06172020
番組をradikoで聴く http://radiko.jp/share/?sid=INT&t=20200617200000

related

WONK × どんぐりずの2マンライブの東京公演が開催決定|ライブ配信も実施

音楽ジャンルの垣根を超えた活動で、2021年も話題に事欠かないWONK。先日、大阪・梅田クアトロでのどんぐりずとの2マンライブ(7/14)が発表されたが、東京での公演を求める声に応え、8/23(月)に渋谷TSUTAYA O-EASTにて東京公演の開催が決定した。

WONKがアルバム『EYES』一周年を記念したリミックスシリーズをリリース決定

WONKが昨年6月にリリースされた4thアルバム『EYES』のリリース一周年を記念したリミックスを今月から順次配信リリースすることが決定した。

WONKが新曲“FLOWERS”のMVを明後日プレミア公開

WONKが4月にリリースした2021年初の新曲“FLOWERS”の MVが、6月6日(日)の23:00にWONKの公式YouTubeチャンネルにてプレミア公開されることが決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。