MIYACHIがBlack Lives Matterと日本のヒップホップシーンに問題提起する新曲"ALLERGY"を緊急リリース

MIYACHIは全米だけでなく世界各国で広がるBlack Lives Matterの人種差別抗議運動の地元NYで行われたデモに参加した。様々な憤りを覚えながらも、日本のヒップホップシーンに問題提起する新曲"ALLERGY"をリリースし、リリックビデオを公開した。

日本とアメリカにルーツを持つMIYACHI自身も、アジア系アメリカ人として幼少期より、今回の人種差別抗議運動に声を上げる人々と共に様々な経験をしてきた。そのMIYACHIが「今」感じる怒りや悲しみとリスペクトを持って、日本のヒップホップシーンの為に強い言葉と共に吐き出した楽曲が"ALLERGY"。今起こっている運動は白人と黒人だけ、アメリカだけでの問題ではなく、「不正義を正すための運動=戦い」という言葉の裏側にある彼の感情やメッセージ感じ取って欲しい。

スタッフより

「これは誰か個人に向けたディストラックではありません。今世界で起きている事に対しての問題提議の1曲です。リリックにも ”NEW YORK CITYヒップホップ始め、差別があったから生まれ、心がないと曲意味ない“ とある通り、Hip Hopに感謝とリスペクトを示すMIYACHIから、それぞれがこの問題をどう捉えて、どう理解するか、そしてこれからの日本のHip Hopシーンの為にもどういう言動や行動をとるべきか、小さな事でも良いから何か考えて、学ぶきっかけになる1曲になればと願っています。」 3MA Entertainment

Info

ニューシングル「ALLERGY」配信リンク:

https://linkco.re/gqHpmb0R

related

Maison Kitsunéによる配信イベントにMIYACHIとYoung Cocoなどが出演

Maison Kitsunéによる音楽イベント『Kitsuné Afterwork』が、配信形式で復活する。

MIYACHIがキャリア初となるワンマンライブをTSUTAYA O-EASTで開催

MIYACHIは様々な楽曲への客演参加やTikTokなどのSNSでも話題を集めた"Famima Rap"、盟友Matt Cabを全面プロデュースに迎えた最新EP『GOOD NIGHT TOKYO』など精力的な活動を続けるMIYACHI。その勢いのままにキャリア初となるワンマンライブを渋谷 TSUTAYA O-EASTで7/25(日)に開催する。

MIYACHIがMatt Cabをプロデューサーに迎えたEP『GOOD NIGHT TOKYO』をリリース | 青山テルマをフィーチャーした"CRAZY OUTSIDE"のミュージックビデオも公開

MIYACHIが現在TikTokなどでも話題となっている"Famima Rap"でも抜群の相性を見せたMatt Cabをプロデューサーに迎えたEP『GOOD NIGHT TOKYO』を、本日1/28(木)にリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。