『夏の魔物』に鎮座DOPENESS、ゆるふわギャング、Jin Dogg、Gottz & MUD、Moment Joonなどの出演が決定

8/30(日)にエスフォルタアリーナ八王子で開催される『夏の魔物2020 in TOKYO』の出演者の追加発表があった。

ライブアクトとして新たにnever young beach、ゆるふわギャング、フリクション(RECK +?)、Jin Dogg、ゲストとして鎮座DOPENESSの出演が決定した。

今回より新設される「R&R CIRCUS」ステージには、Gottz & MUD(KANDYTOWN)、RAU DEF、Moment Joon、THE NEATBEATSが登場する。現在、先行チケットは全券種完売、一般チケットがオフィシャルで購入可能だ。6月9日からはイープラスでの販売も開始される。

Info

TBSラジオ主催 夏の魔物2020 in TOKYO
2020年‪‪8月30日‬(日)‬ エスフォルタアリーナ八王子
開場08:00 開演09:00(予定)

KOHH
ZORN
5lack
Awich×kZm
never young beach
ゆるふわギャング
変態紳士クラブ
舐達麻
鎮座DOPENESS(GUEST)
GEZAN
Jin Dogg
Gottz & MUD(KANDYTOWN)
chelmico
サニーデイ・サービス
eastern youth
神聖かまってちゃん
NITRO MICROPHONE UNDERGROUND
SEEDA
NORIKIYO
JJJ
STUTS
RAU DEF
Moment Joon
ラフィンノーズ
ニューロティカ
THE NEATBEATS
武藤昭平withウエノコウジ+百々和宏
フリクション(RECK +?)
町田康(TALK)
友川カズキ
ロマンポルシェ。
大橋裕之
ROLAND
アイデンティティ
森次晃嗣
古谷徹
倉田てつを
井上正大
長州力
前田日明
武藤敬司
朝倉未来
アントニオ猪木
and more artists to be announced

一般 9900円

【夏の魔物公式サイト】
http://natsunomamono.com/

related

【コラム】A New Form of Japanese Rap 2020|交差するラップとレイヴ

トラップのビートが一つのスタンダードとなり、メインストリームからアンダーグラウンドまでありとあらゆるシーンを席巻して何年も経つ。現行のラップミュージックのビートは大雑把に「ブーンバップ」と「トラップ」に二分されることが多いが、もちろんその大きな括りの中で様々なサブジャンルが生まれては消えることを繰り返している。

NENEの『夢太郎』 とゆるふわギャング、ヘンタイカメラ♥、YOU THE ROCK★による『GOA』がレコード化

NENEが7月にリリースしたソロとしての2nd作『夢太郎』 と、ゆるふわギャング、ヘンタイカメラ♥、YOU THE ROCK★によるEP『GOA』が揃ってアナログレコード化されることになった。 『夢太郎』はAwichやNIPPS、Ryugo Ishidaが参加し、NENEの才能が様々な方向にス...

XLARGEがゆるふわギャング&JNKMN&Lunv Loyalとの新曲"Hajimattenai"のミュージックビデオを公開

XLARGEが2020 FALL COLLECTIONのローンチに合わせて、ゆるふわギャングとJNKMN、Lunv Loyalによる新曲"Hajimattenai"のミュージックビデオを公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。