MALIYAが昨今の社会情勢を受けた新曲"20/20"を緊急リリース

シンガーソングライターのMALIYAが新曲"20/20"を、本日リリースしオーディオビジュアルを公開した。

この楽曲は昨今の社会情勢を受けMALIYAが感じたことを自分自身のために書き記したもので、聴いた人が何かを感じとり考えるきっかけとなれればと思い緊急リリースした。YouTubeにアップされたオーディオビジュアルはKosuke HaradaとMinami Takahiroによるクリエイティブユニット0dB(ゼロデシベル)が担当しており英語、日本語による字幕も公開されている。

Info

■20/20 楽曲配信先 リンク
https://linkco.re/t0sGB7mR

related

MALIYAが新作EP『selene』よりShingo.Sがプロデュースした"Deep Down (selene ver.)"のリリックビデオを公開

シンガーソングライターのMALIYAが先日リリースしたEP『selene』から、SIRUPなどを手掛けているプロデューサーShingo.Sを迎えた楽曲、"Deep Down (selene ver.)"のリリックビデオを公開した。 本楽曲は、「Deep Down=心の中では」思ってい...

MALIYAがEP『ruby』『selene』を2枚同時リリース | "Palma"を先行発表

MALIYAがEPとしては約1年ぶりの新作『ruby』『selene』を2枚同時に8/26(水)にリリースする。

MALIYAがYoshi Kodateの手による"7 Signs Remix"を本日リリース|リリックビデオも公開

シンガーソングライターのMALIYAが昨年10月にリリースしたMori Zentaroプロデュースの楽曲"7 Signs"のリミックスを本日リリースした。 リミックスはこれまでもMALIYAの楽曲で"Wisp of Smoke"などをプロデュースしたアメリカの名門バークリー音楽大学出身のプロデ...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。