¥ellow BucksとプロデューサーTEEのダブルネームEPから"BAD"のミュージックビデオが公開

東海地方の新世代の中心的ラッパーの¥ellow Bucksが、5月にリリースしたプロデューサーのTEEとのダブルネームEPP『Aight』から、"BAD"のミュージックビデオを公開した。

今作『Aight』は自身のレーベルTo The Top Gangに所属するプロデューサーのTEEとのダブルネームEPとなっており、客演ではPlaysson、OZworld、K-DOGが参加。ミュージックビデオが公開された"BAD"を筆頭に¥ellow Bucks流のバウンスチューンをたっぷり詰め込んだEPとなっている。

Info

最新EP 『Aight』配信リンク:
https://linkco.re/8sFRnzHQ

<トラックリスト>
1.To The Top
2.Too Funny (feat. Playsson)
3.PANDEMIC (feat. OZworld)
4.Double Clap (feat. K-DOG)
5.BAD
6.The Roots

RELATED

¥ellow Bucksが最初で最後のフルメンバーで"Higher Remix"をリリースライブで披露 | ライブの収益全額を能登半島地震からの復興のため寄付

年明け早々の1月4日、川崎のCLUB CITTA'にて¥ellow Bucksによる『Higher Remix Release Live』が開催された。

¥ellow Bucksが"Higher(Remix)"をリリース | オリジナルのYZERRに加え新たにTiji Jojo、eyden、Bonbero、SEEDAが参加

¥ellow Bucksが今年6月にリリースしたEP『Survive』に収録されているYZERRを客演に招いた楽曲"Higher"のリミックスを本日10/18(水)にリリースした。

¥ellow BucksがAICHI SKY EXPOで開催したキャリア初のワンマンライブがDVD&Blue-ray化

昨年11月に開催された¥ellow Bucksのキャリア初のワンマンライブ『The Show '22』がDVD&Blue-rayで本日8/16(水)に発売された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。