¥ellow BucksとプロデューサーTEEのダブルネームEPから"BAD"のミュージックビデオが公開

東海地方の新世代の中心的ラッパーの¥ellow Bucksが、5月にリリースしたプロデューサーのTEEとのダブルネームEPP『Aight』から、"BAD"のミュージックビデオを公開した。

今作『Aight』は自身のレーベルTo The Top Gangに所属するプロデューサーのTEEとのダブルネームEPとなっており、客演ではPlaysson、OZworld、K-DOGが参加。ミュージックビデオが公開された"BAD"を筆頭に¥ellow Bucks流のバウンスチューンをたっぷり詰め込んだEPとなっている。

Info

最新EP 『Aight』配信リンク:
https://linkco.re/8sFRnzHQ

<トラックリスト>
1.To The Top
2.Too Funny (feat. Playsson)
3.PANDEMIC (feat. OZworld)
4.Double Clap (feat. K-DOG)
5.BAD
6.The Roots

related

¥ellow Bucksの2ndアルバム『Ride 4 Life』のCD版がリリース | 大ヒット曲"GIOTF feat. JP THE WAVY"のChopped & Screwedバージョンなども収録

¥ellow Bucksの2ndアルバム『Ride 4 Life』のCD版が本日9/28(水)にリリースされた。

AKLO、Leon Fanourakis、¥ellow Bucksによるマイクリレーチューン"LEGACY"がリリース | プロデュースはBACHLOGICでディレクションはDJ HAZIME

AKLO、Leon Fanourakis、¥ellow Bucksというシーンのトップランカーが参加した新曲"LEGACY"が、本日8/24(水)にリリースされた。

ヒップホップフェス『THE HOPE』が10月に代々木第一体育館で開催 | Awich、BAD HOP、BIM、Jin Dogg、Tohji、¥ellow Bucksなど50組以上が出演決定

10/23(日)に東京・原宿の代々木第一体育館で国内最大級のヒップホップフェス『THE HOPE』が開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。