ミネアポリスで警察に窒息死させられたGeorge FloydさんがかつてDJ Screwのクルーに参加していたラッパーだったことが報じられる

先週末にミネアポリスにて警察により不当な拘束を受け窒息死したGeorge Floydさん。警察の暴力性と人種差別が浮き彫りとなるこの事件に対し全世界から非難の声が寄せられる中、被害者となったGeorge Floydさんについての知られざる事実が報じられている。

XXLによると、今週水曜日にHouston ChronicleがGeorge Floydさんの過去の活動について報じた。Floydさんはかつてヒューストンの伝説的DJであるDJ Screwの楽曲にBig Floydという名義で参加するなどラッパーとして活動しており、DJ ScrewのクルーScrewed Up Clickの初期に大きく関わっていたという。

Big Floydが参加した楽曲はDJ Screwの『Screw Tapes』に収録されており、彼によるフリースタイルのいくつかを現在でも聴くことが出来る。

また、同じくScrewed Up Clickの初期メンバーであったLil KekeのInstagramには生前のBig Floydとの写真が追悼の意を込めてアップされている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

God please bring justice for Big Floyd 🙏🏿🙏🏿🙏🏿🙏🏿💔💔💔

Lil Keke(@donke713)がシェアした投稿 -

過去のBig FLoydの活動に想いを馳せつつ、彼の命をこのような形で奪われてしまったことに対する無念も膨らむばかりである。

related

ヒューストンのレジェンドDJ Screwの伝記映画『All Screwed Up』の公開が決定

「Chopped()&Screwed(チョップド&スクリュード)という曲のピッチを極端に下げ、さらに半拍ずらしてミックスする手法を考案したとされるDJ Screwの伝記映画「All Screwed Up」が彼の死から20年経った今年、公開決定に至った。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。