Franz K Endoがグリッチとアンビエントにアプローチした新曲“Flux #1”をリリース

TwitterやYouTubeにドロップされるアニメで話題を呼んできたほか、ラップやエレクトロなど幅広いジャンルでの音楽活動でも注目を集めるFranz K Endoが新曲“Flux #1”を配信リリースした。

3月にリリースされたフィジカルアルバム『All in good time』、今月リリースの“Kingdom”に続く新曲となる“Flux #1”。初期のAphex Twinを連想させられるような、グリッチとアンビエントにアプローチした独特のメランコリックな雰囲気を持つトラックとなっている。

これまでの楽曲とは一線を画したムードを持つ今回のリリースを経て、今後の彼の作品がさらなる変化を遂げることを予感させるような一曲だ。

Info

Flux #1

Franz K Endo

https://linkco.re/N63uRn3F

related

Franz K Endoが自身初のフィジカルアルバム『All in good time』をリリース

YouTubeおよびTwitterをメインにドロップされるミーム形式のMADアニメーションが話題を呼び、その音楽活動も注目を集めるアーティストFranz K Endoが、自身初となるフィジカルアルバム『All in good time』を3月25日にリリースする。

Franz K Endoが初のアルバム『Calm as...』と『Kicks In...』を2作同時リリース

MADアニメでTwitterを中心に大きな人気を集め、ラッパーやビートメイカーとしても活動するFranz K Endoが自身初となるアルバム『Calm as...』と『Kicks In...』を10月19日(土)に2作同時リリースすると発表した。

【インタビュー】Franz K Endo|DIYでインターネットの外に

Twitterのタイムラインに、奇妙な動作や発言を繰り返すドラえもんのMADアニメが流れてきた経験を持つ人は多いはずだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。