Franz K Endoが自身初のフィジカルアルバム『All in good time』をリリース

YouTubeおよびTwitterをメインにドロップされるミーム形式のMADアニメーションが話題を呼び、その音楽活動も注目を集めるアーティストFranz K Endoが、自身初となるフィジカルアルバム『All in good time』を3月25日にリリースする。

同アルバムは、昨年よりデジタル限定でリリースされていた楽曲に加えて新録曲2曲を含む21曲を収録。

インターネット上でアニメーション制作~執筆活動~トラックメイキングまで、多岐にわたって オリジナリティに富む創作活動に臨んできたFranz K Endoの、音楽家としての側面にフォーカスした初のフィジカル作品であり、大学卒業制作(予定)となる。

All in good time (訳:そのうち)という、Franzらしい解釈の余地を残したタイトルではあるが、独自の切り口で多様なジャンルを消化した音像はつかみどころがないものの、バラエティと中毒性を同胞したエッジな仕上がりとなっている。

また、YouTubeアカウントにて本人作画の新作オリジナルアニメーションもドロップ予定だ。

Info

3月25日(水)New Album 「All in good time」

PIL -4/ ¥2,000+tax / 全21曲
発売元:PILLOW TALK LABEL/ サンバフリー

アルバム予約リンク

TOWER RECORDS ONLINE
https://tower.jp/item/5017090
Amazon.co.jp
https://www.amazon.co.jp/dp/B084HV58P2

HMV&BOOKS online
https://www.hmv.co.jp/product/detail/1064676

アルバム購入者特典

Amazon.co.jp購入特典:メガジャケ
その他応援店:卒業制作特典DVD「Manic Depression」

※数に限りがございます。詳細は販売店へお問い合わせください。

ライブ情報
2月28日@東京 駒込UNDRAFT
3月15日@名古屋 栄Party’z

Twitter
https://twitter.com/pellocy?lang=ja

You Tube(music account)
https://www.youtube.com/channel/UCXGaVX0PoMWf8eB2ji5-yxQ

related

Franz K Endoが初のアルバム『Calm as...』と『Kicks In...』を2作同時リリース

MADアニメでTwitterを中心に大きな人気を集め、ラッパーやビートメイカーとしても活動するFranz K Endoが自身初となるアルバム『Calm as...』と『Kicks In...』を10月19日(土)に2作同時リリースすると発表した。

【インタビュー】Franz K Endo|DIYでインターネットの外に

Twitterのタイムラインに、奇妙な動作や発言を繰り返すドラえもんのMADアニメが流れてきた経験を持つ人は多いはずだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。