WWWとFNMNLによる生配信イベント『NAMES』が5/30に開催 | 田我流、Fuji Taito、JJJ 、LEX、PETZ、釈迦坊主、STUTS、VaVa、ゆるふわギャングが出演

東京・渋谷のヴェニューWWWとFNMNLによる初の共催となる生配信イベント『NAMES』が5/30(土)に開催される。

全国のヒップホップリスナーがそれぞれの場所から高揚感を得ることができる、新たな体験の場としてオンラインで行われるこのイベント。出演者には、昨年3rdアルバム『Ride On Time』を発表、今年1月から全国のクラブを巡るLOCAL WAVEツアーを行っていた田我流や、現在最新作を制作中でトラックメイカーとしてもラッパーとしても絶大な信頼を誇るJJJ、初のライブアルバム、『STUTS Band Set Live ''90 Degrees''』をリリースして注目を集めるSTUTSという実力者たち。

さらにはYENTOWNの一員であり、今年2月にWWWで行われた"COSMOS" Release Tour Finalも大盛況となったPETZ、12月に『Cyver』、1月には『Mevius』をリリースし全国ワンマン・ツアーを開催中だったVaVa、本日最新曲"Ah"をリリースしたばかりのNENEとRyugo Ishidaによる唯一無二のユニットゆるふわギャング、自身のパーティー『TOKIO SHAMAN』でリキッドルームを満員にするなどサイケデリック・スピリチュアルな独自の世界観を確立する釈迦坊主も出演。

また注目の若手2組も登場。群馬発のクルーBRIZA所属、ハードなリリックと爆発的なパフォーマンスで話題を呼ぶ2020年最注目のFuji Taitoに、惜しくも初の全国ツアーが中止となったなか最新EP『NEXT』を発表、kZmやJP THE WAVYのアルバムでの客演も話題となったLEXという世代を超えたアクト9組が出演する。配信はe+による有料ライブ配信サービスStreaming+を使用し、WWW Xから生配信となる。

Info

タイトル:NAMES
日程:5月30日(土)
時間:18:00〜 ※Streaming+(e+による有料ライブ配信サービス)にて生配信
チケット:¥1,500 e+ (※5月23日(土)10:00〜5月30日(土) 22:00までチケット発売、24時間アーカイブ配信あり)
LIVE:田我流 / Fuji Taito / JJJ / LEX / PETZ from YENTOWN / shaka bose 釈迦坊主 / STUTS / VaVa / ゆるふわギャング (A to Z)

公演詳細ページ: https://www-shibuya.jp/schedule/013099.php

related

VaVaがYo-SeaとOMSBを迎えた"Triforce"のオリジナルバージョンをリリース

3月に『PLAY ALIVE 2021 : Apex Legends Season 08 Special Program』のオフィシャルテーマソングとして発表されたVaVaの"Triforce feat. Yo-Sea, OMSB -Arcade Mix-"。同楽曲のオリジナルバージョンが4/16(金)にリリースされることになった。

連続ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』の主題歌であるSTUTS & 松たか子 with 3exesによる"Presence Ⅰ feat. KID FRESINO"が緊急リリース

本日4/13(火)に放送が開始された人気脚本家・坂元裕二の新作であるカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(毎週火曜日よる9時)。松たか子、岡田将生、角田晃広、松田龍平という豪華実力派俳優陣が繰り広げる物語は、とわ子が三人の元夫たちに振り回されながら日々奮闘するたまらなく愛おしいロマンティックコメディーだ。

STUTSとAwichによるバンドセットの2マンライブの振替公演が開催決定

STUTSとAwichがそれぞれバンドセットでのパフォーマンスを披露する2マンライブの振替公演が決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。