Futureが「トラップをポップミュージックに押し上げたのは俺だ」と主張

先週金曜日にニューアルバム『High Off Life』をリリースしたFuture。そんな彼が、トラップミュージックに自身がもたらした功績を自ら主張し話題を呼んでいる。

XXLによると、Futureは先週金曜日に公開されたBeats1のZane Loweによるインタビュー番組に出演。そこで彼は、トラップをポップミュージックの領域まで押し上げたのは自分であると主張している。曰く「マトリックスのグリッチを見つけたんだ。俺はレシピを見つけた。一旦レシピを見つけたら、それはコロナウイルスの治療法を見つけたようなものだ。俺はトラップをポップにする治療法を見つけたんだよ。お前が何をやっていてもポップになる。ポップであり、なおかつ自分自身でいられるんだ。クロスオーバーだって出来るぜ。ただ自分自身でいるってだけで、ポップスターと同じぐらいの金を稼げるんだ。ダサいことなんてしなくたっていい。自分自身であり続けて、ポップスターと同じ金を稼ぐんだ」とのことで、自身の登場によってトラップがよりポピュラーなものになり、地位が向上したということを意味しているようだ。

一方でFutureはラッパーたちが十分な報酬を貰っているとは考えておらず、「どうしてショーをやってもこんなにお金が貰えないんだ?ショーでは100万ドルは貰わなきゃな」と語る。しかし「ショーで100万ドルを貰ったことがある?」と尋ねられた彼は、「もちろんだよ。治療法を見つけたって言っただろ?レシピを手に入れたんだよ。俺がやったんだ」と答え、格の違いを見せ付けている。

要するにFutureはトラップというスタイルで活動していながらポップスターと同等の地位を得る、ということに成功したのは自身が最初であると主張したいのだろう。確かにFutureが後進のラッパーたちに与えた影響は計り知れず、また音楽面においても彼が道を切り拓いてきた部分は多く存在する。「ダサいことなんてしなくたっていい。自分自身であり続けて、ポップスターと同じ金を稼ぐんだ」という言葉は、多くのアーティストに勇気を与え得るものだろう。

Zane LoweによるFutureのインタビューの一部はこちらから。

related

OctavianがSkeptaをエグゼクティブプロデューサーに迎えたデビューアルバムをリリースへ | Futureを迎えた"Rari (Chapter 1)"を先行発表

ESSI GANGの中心人物でもあり、ジャンルの垣根を越えて活動するロンドンのラッパー・ソングライターOctavianが、近日リリースが見込みのデビューアルバムの1曲目となる新曲“RARI (CHAPTER 1)”のミュージックビデオを公開した。

FutureとLil Uzi Vertのコラボプロジェクトが来週リリースか|ティザームービーも公開

待望のニューアルバム『Eternal Atake』のリリースも話題を呼んだLil Uzi Vertと、最新作『High Off Life』も好評であったFuture。そんな二人が、7月31日にコラボプロジェクトを発表することを予告し大きな注目を集めている。

FutureがJuice WRLDの死について「まだ心を痛めている」と語る

昨年12月に21歳の若さにして命を落としたJuice WRLD。そんな彼とコラボアルバム『WRLD ON DRUGS』をリリースしていたFutureが、インタビューにて彼の死について語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。