WONKが6月にリリースするニューアルバム『EYES』からリード曲"Rollin’"を先行リリース

WONKによるコンセプトアルバム『EYES』が6/17(水)にリリースされるのを前に、リード曲""Rollin’"が6/3(水)に先行リリースされることになった。

『EYES』は高度な情報社会における多様な価値観と宇宙をテーマに、"Rollin’"を含む新曲10曲に、先行リリースされた7曲とSkitを加えた全22トラックという大作。ギターとミキシングを担当したメンバーの井上幹(Ba)より""Rollin’"についてコメントが届いた。

「今回先行配信される「Rollin’」は、1980年代の音楽に影響を受けながらも僕らなりの解釈を加えたファンクチューンになります。また、「Rollin」は『EYES』の物語の幕開けとなる楽曲であり、主人公が感じている世界への違和感とそれを抱えたまま生きることへの焦燥感を表現しています。僕らが生きている現実世界もかつてない変化を迎えていますが、それをきっかけに、もし皆さんが何か違和感を感じ始めているとしたら、この曲とここから始まる『EYES』の物語を是非見届けてほしいです。」

今回特殊仕様で発売されるAR対応のART BOOK+CDは、楽曲1曲ごとにCGビジュアルイメージと歌詞/対訳が描かれ、視覚的にも音楽に没入できる未来感溢れる内容となっている。

Info

●J-WAVE(81.3FM)『SONAR MUSIC』にて「Rollin’」初オンエア決定!
放送日時: 2020/5/20(水) 21:00~23:55
https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/


WONK 4th Album『EYES』
[Digital Album] 2020.6.17(水)Release

[ART BOOK+CD] 2020.6.24(水)Release
完全予約限定作品
¥8,800(tax in)
POCS-23906
<特殊仕様>
・LPサイズ:AR対応ART BOOK[約30㎝×30cm/28 P(予定)] + CD
・WONK初となる歌詞+対訳入り

*本パッケージは完全予約限定生産のため、各ショップ・販売サイトでのご予約をお急ぎください。
*なお、コロナウイルスの影響で生産に遅れが生じる場合があり、リリース日のお届けに間に合わない可能性がある旨ご了承ください。

EPISTROPH OFFICIAL ONLINE STORE
https://store.epistroph.tokyo/products/wonk-eyes-artbook-cd
UNIVERSAL MUSIC STORE
https://store.universal-music.co.jp/product/pocs23906/

■収録曲
01.Introduction #5 EYES
02.EYES
03.Rollin’
04.Orange Mug
05.Sweeter, More Bitter
06.Filament
07.Skit 1 - Behind The World
08.Mad Puppet
09.Blue Moon
10.Signal
11.Esc
12.Skit 2 - Encounter
13.Third Kind
14.Depth of Blue
15.If
16.Skit 3 - Resolution
17.HEROISM
18.Fantasist
19.Nothing
20.Phantom Lane
21.Skit 4 - Prayer
22.In Your Own Way

related

WONKが延期となっていた全国ツアー『WONK LIVE TOUR 2020』を開催へ

WONKはコンセプトアルバム『EYES』の世界観を取り入れ、仮想空間上で繰り広げられた配信ライブ『EYES SPECIAL 3DCG LIVE』のBlu-rayを12/2(水)に発売する。

WONKがブルーノート東京でライブを開催

8月に3DCGによるライブも行ったWONKが、ファン待望のブルーノート東京でのライブを11/1(日)に開催する。

WONKがアルバム『EYES』のリリースを記念して『EYES SPECIAL 3DCG LIVE』を開催決定

WONKが3年ぶりとなるニューアルバム『EYES』を本日6/17(水)にリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。