Denzel Curryが残り3枚のアルバムでラッパーを引退し漫画家になる考えを明かす

2月にはKenny Beatsとのジョイントプロジェクト『UNLOCKED』を発表し話題を呼んだDenzel Curry。そんな彼が、インタビューの中で残り3枚のアルバムを発表し引退する考えを明かした。

XXLによるインタビューに応えたDenzel Curryは、ラップ以外にやりたいことがあるため引退する意志を表明した。彼は「長時間スタジオの中で過ごすことが好きじゃないんだ。家に帰りたい。ノックアウトすればするほど、やりたいことが出来ていくんだ」と語り、ムエタイの練習や公園に行くこと、ガールフレンドと遊ぶようなことがしたいと語っている。また、映画やアニメを好む彼は「俺は文章を書くのが得意なんだ。音楽は全て頭の中から来ている。頭の中で書いてるんだ。俺には想像力があるからな」と語り、『カウボーイ・ビバップ』や『サムライチャンプルー』などで知られるアニメ監督渡辺信一郎と親交があることを明かした上で「いつか漫画家や小説家になりたいんだ」と、ラップを辞めた後の活動の展望についても語った。

しかしすぐに引退するという訳ではなく、残り3枚のスタジオアルバムをリリースしてから引退する計画を立てているという。それらの作品については「俺は短いアルバムが好きなんだ。10曲あれば十分だ。映画を楽しむように、俺の音楽を楽しんで欲しい。ファストフードみたいな物じゃない。フルコースの食事だよ」と説明し、また次のアルバムでは生楽器を取り入れた新たなサウンドを模索しているとも明かしている。

果たしてDenzel Curryが本当にラップを辞めてしまうのかどうかはまだ分からないが、アニメやマンガを愛していることで知られ、Kenny Beatsとの『UNLOCKED』のショートフィルムではユーモアとスリル溢れる見事なストーリーを執筆していた彼だけに、漫画家としての活動も楽しみなところである。

XXLのインタビュー全編はこちらから読むことが出来る。

related

YGやLil BabyらがBLMデモの模様を取り入れたミュージックビデオを発表

先日、ミネアポリスでアフリカ系アメリカ人男性ジョージ・フロイドさんが警察によって不当な取り調べを受けた末に窒息死させられた事件を契機に全世界で大きな盛り上がりを見せている「Black Lives Matter」デモ。ヒップホップシーンにとって避けては通れない問題である人種差別に対する抗議運動には多くのラッパーも参加、もしくはサポートを表明していたが、抗議の意思やここ最近のデモの様子を楽曲やMVに盛り込むラッパーも徐々に現れてきているようだ。

Denzel Curry & Kenny Beatsのコラボアルバム『UNLOCKED』のショートフィルム|リークされたアルバムを取り戻しにPCの中を大冒険

先週金曜日にリリースされたDenzel CurryとKenny Beatsによるコラボアルバム『UNLOCKED』。同作の楽曲を題材としたショートフィルムが公開されている。

Billie Eilishが好きなラッパーについて語る

今年3月にデビューアルバム『When We Fall Asleep, When Do We Go?』をリリースしてからというもの、一気にスターダムを駆け上がり、一躍人気アーティストの仲間入りを果たしたBillie Eilish。そんな彼女が今回XXLのインタビュー企画『Hip-Hop Junkie』に登場。自身の好きなラッパーについて語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。