Aru-2がフルアルバム『Little Heaven』を6月にリリース | KID FRESINOとCampanellaを客演に迎えた"Go Away"を先行リリース

驚異のペースでリリースを続け、数々のコラボレーション作品を作り出してきたビートメイカーでボーカリストとしての才能も開花したAru-2が、フルアルバム『Little Heaven』をDOGEAR RECORDSとAWDR/LR2(SPACE SHOWER MUSIC)より6月にリリースすることが決定した。

アルバムにはインストゥルメンタルだけではなく、流れる河のように生まれた言葉を歌としてのせたボーカル曲に加え、共にキャリアを築き上げてきたラッパー、Campanella、ISSUGI、JJJ、KID FRESINOをフィーチャーした楽曲も収録。さらにプロジェクト全体のアートディレクションをAru-2とMarfa by Kazuhiko Fujitaが手掛けている。

リリースに先駆けKID FRESINOとCampanellaを客演に迎えた"Go Away"が本日4/29(水)に先行で配信開始となり、これを皮切りに、5/13(水)、5/27(水)と、2週間ごとに先行配信シングルを展開していく。アーティストとして新たな可能性を切り開いたAru-2の活動に注目が集まる。

Info

■アーティスト:Aru-2
■アルバムタイトル:Little Heaven
■リリース日:2020年6月10日(水)
■品番:DDCB-12981
■販売価格:2,400円+税
■仕様:CD・紙ジャケットダブル / 配信
■レーベル:DOGEAR RECORDS / AWDR/LR2

■トラックリスト
1. Soundwave
2. Animal
3. Listen Up
4. Hentai Nipponjin
5. Get Funky
6. Sex High
7. Go Away ft. Kid Fresino & Campanella
8. Bye My Bad Mind ft. Issugi
9. Slowmotion
10. Little Heaven ft. JJJ
11. Swim
12. Sen

【先行配信詳細】


4月29日(水)配信シングル Go Away ft. Kid Fresino & Campanella(Linkfire URL : https://ssm.lnk.to/goaway
5月13日(水)配信シングル Sen
5月27日(水)配信シングル Little Heaven ft. JJJ

related

Red Bullによるサイファー企画『RASEN』の第13弾にACE COOL、anddy toy store、Campanella、GAPPERが登場。ビートはDJ MAYAKUが制作

Red Bullによるジャパニーズ・ヒップホップ専門のYouTubeチャンネル「レッドブルマイク」で人気サイファー企画「RASEN」の最新回#13が公開となった。

Aru-2とKID FRESINOの『Backward Decision For Kid Fresino』から"Keep Rollin'"の7インチがリリース|B面にはレア音源"Can't Wait For War"が収録

NF Zesshoとのジョイントアルバム『AKIRA』やソロでのフルアルバム『Little Heaven』など多くの作品をリリースするビートメイカーAru-2がKID FRESINOとのジョイントで2014年にリリースした傑作『Backward Decision For Kid Fresino』から、ミュージックビデオも制作され高い人気を誇る"Keep Rollin'"が7インチとしてリリースされる。

カネコアヤノとKID FRESINOがバンドセットでの2マンライブを開催

10/11(月)にUSEN STUDIO COASTにて、カネコアヤノとKID FRESINOが2マンライブを開催する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。