DOMMUNEで本日『POST PANDEMIC THEATER|CHAPTER4』が配信 | SHOKO AND THE AKILLA、BUSHMIND、スガナミ ユウ(LIVE HAUS)、DJ HOLIDAYが出演

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため現在無観客での配信を続けているDOMMUNEで、本日4/28(火)の16時から『POST PANDEMIC THEATER|CHAPTER4』が開催される。

本日はシンガーソングライターShokoとギタリストAkillaによるオーセンテック・デュオShoko And The Akillaのライブに加え、DJでSEMINISHUKEI、そしてROCKASENのビートメイカーとしても活躍するBUSHMIND、LIVE HAUSのオープンを延期し、#SaveOurSpaceの発起人にもなったスガナミユウに加えSTRUGGLE FOR PRIDEのフロントマン今里がDJ HOLIDAYとして登場する。

主宰の宇川直宏からのメッセージはこちら。

●オーディエンスはゼロ人...フロアには、カメラの前に写るアーティストとストリーミンググルーのみが存在する!!!「DOMMUNE POST PANDEMIC THEATER」!!!!! これは開局以来10年に渡って、いち早く世の情勢に対応してきたDOMMUNEが発信する、重要なポスト・パンデミックアクションである!!!!!

新型コロナウイルスの影響で、世界はカオスに陥っている。「飛沫感染」そして「接触感染」で広がるコロナウイルスのクラスター発生の条件には、密閉度、密集度、密接度が挙げられる。どれをとってもライヴハウス、そしてクラブが濃厚で、ライヴハウスから集団感染クラスターが発生した現実を考えると、"集団で音楽を聴く=感染”という世間的なイメージはしばらく払拭できない。WHOによるパンデミック宣言後、綱渡り状態であるエンターテイメント産業… 御多分に洩れず、我々SUPER DOMMUNEスタジオも、新型コロナウイルスの感染拡大を早期から重く受け止め、2月末から配信中止もしくは無観客配信を実施している為、運営費用すらも捻出できず、瀕死状態には変わりない!!!!!!
しかし、財政面においての被害は、どこのフロアも同じだろう…(泣)全てのライブハウス、クラブ、ホール、ラウンジ、劇場、演武場、寄席、歌舞伎座、フェス、祭典に、愛と恵を…..!!!!! あ、そして、お花見も(笑)。しかし我々は、本来ライヴストリーミングスタジオなので、地上波のTV番組と同じく、現場にオーディエンスをお誘いしなければ、視聴者に飛沫も飛ばない。そして接触もなく番組自体は配信することができる!!!!! アーティストもスタジオもこのままだと生きていけない現実に直面しているので、細やかながら、YOUTUBE LIVEのSUPER CHAT機能を使った投げ銭などを導入し、日本初のライヴストリーミングスタジオである、老舗配信メディアの我々DOMMUNEも、開局以来初めてビューワーの皆様から、自らサポートを募る実験をはじめている!!!!!!(最敬礼)
フロアにおける、人間同士の魂と身体の高揚は、音楽の力によって生まれる連帯意識と言えるだろう。音楽の力を通じて、フロアにいるすべての人々が、ダンスという身体表現によって対話を繰り返している。ダンスは、原始宗教儀式にも見られる言語を超えた礼拝であって、それ以前に、本来、音楽自体が霊との交信を目的とし、神の前で演奏する儀式であった。いま、ウイルスを前にして、僕らにはどんな連帯ができるだろうか?どんな儀式で立ち向かうことができるだろうか? #StayTheFuckHome が地球市民の一人として「家へ引きこもれ!」と唱えている。これは大変重要な儀式である。
震災を超えて、パンデミック以後の世界ヴィジョンをどう打ち立てるか?友人の椹木野衣氏は僕にこう言って下さった。「かつてペストが大量死による労働者不足で新興労働者層を発掘し、それが市民階級の台頭と既得権益者の没落をもたらし、死との対面が内省を促してルネサンス的な個人主義の萌芽を生んだように、今回のパンデミックも、きっとこれまでとは違う世界史的な構造変化につながる可能性があると思う。あれだけ売れなかった本が売れまくっているというのも、そういう内面を少しずつ生育するでしょう。」そう、今、ポストパンデミック(略してポスパン|笑)以降の”世界ビジョン"をどう打ち立てるかが重要なのではないか?。まずは我々のスタジオが存在する渋谷PARCO "地上9階のアンダーグラウンド” から、オーディエンスを動員せずとして、何ができるのか?開局10年目にしてゼロから模索してみよう!!!!!!!!!! 「DOMMUNE POST PANDEMIC THEATER」の開幕である。勿論、オーディエンスはゼロ人...フロアには、カメラの前に写るアーティストとストリーミンググルーのみが存在する!!!!!!!
第四章は、その手にかかれば空間をゆがめる事が出来ると噂されるSEMINISHUKEIのトラック• メーカー / DJ=BUSHMIND と、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、待望のフロア=LIVE HAUSのオープンを延期し、#SaveOurSpaceの発起人にもなったスガナミユウのDJ、更にはSTRUGGLE FOR PRIDEのフロントマン今里が、メロウフィーリングで空気を浄化するDJ HOLIDAY、そしてコアな音楽ファンの間で噂が噂を呼んでいる、シンガーソングライターShokoとギタリストAkillaによるオーセンテック・デュオShoko & The Akillaが登場!!!!!!! このシリーズは、DOMMUNEが発信する、重要なポスト・パンデミックアクションである!!!!!

Info

2020/04/28 TUE16:00–18:00
DOMMUNE「POST PANDEMIC THEATER|CHAPTER4」BROADJ#2856

LIVE:SHOKO AND THE AKILLA
DJ:BUSHMIND、スガナミ ユウ(LIVE HAUS)、DJ HOLIDAY

https://www.dommune.com/streamings/2020/042802/

related

Shoko & The Akillaが1stアルバム『Shoko & The Akilla』を8月にリリース

コアな音楽ファンの間で噂を呼んでいる湘南出身のシンガーソングライターShokoとギタリストAkillaによるオーセンテック・デュオShoko & The Akillaが、ユニット名を冠したデビューアルバムを8/12(水)にリリースする。

SUPER DOMMUNEが渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト(au 5G)の AR技術を導入した拡張現実化ライブを配信|第一弾にはFISHMANSの出演が決定

ライヴストリーミングスタジオDOMMUNEとau 5G (KDDI)がパートナーとなり、最先端テクノロジーを活用した5G時代の配信型スタジオ「SUPER DOMMUNE tuned by au5G」を渋谷パルコ内にオープンすることが決定した。

シンガーソングライターのShokoとギタリストのAkillaによるデュオShoko & The Akillaがニューシングルをリリース

湘南出身のシンガーソングライターShokoとギタリストのAkillaによるオーセンティックデュオShoko & The Akillaが、新たに設立した自身のレーベルPAPILLONから、ニューシングル『側にいれば』を限定7インチと配信でリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。