多彩なジャンルを取り込んだkZmの話題作『DISTORTION 』からTohjiを迎えた"TEENAGE VIBE"のミュージックビデオが公開

kZmが2ndアルバム『DISTORTION』を本日リリースした。

盟友のBIM、5lack、Tohji、LEX、Daichi Yamamoto、MonyHorseなどに加え、野田洋次郎 (RADWIMPS)、小袋成彬といったジャンルを超えた客演陣も話題となっている同作。そのインパクトに負けないくらい音楽的にも多彩になっており、これまでのkZmのイメージとも言えるトラップやロックなどに加えて、本作ではメロウサウンドやエレクトロニックミュージックなどの新たな側面が開花している意欲作となっている。リリースされてまもなく同作はApple Musicのアルバムランキングで1位を獲得。これはラップ作品としては快挙となる。

さらに"Dream Chaser"の第2弾ともいえるTohjiを迎えたロックテイストな"TEENAGE VIBE"のミュージックビデオが公開。Ryoji Kamiyamaによるビデオはフレッシュなエネルギーに満ち溢れた楽曲のエネルギーを見事に表現している。

Info

▼Album Information
kZm 2nd Album『DISTORTION』 2020年4月22日(水)CD & Digital Release
BPMT-1019 / ¥2,500 + tax
01. Intro - Distortion - (Prod. Chaki Zulu)
02. Star Fish (Prod. Chaki Zulu)
03. GYAKUSOU (Prod. Kenny Beats)
04. 27CLUB feat. LEX (Prod. SIL V3 R 100 & Chaki Zulu)
05. JOZAI (Prod. Haaga)
06. Anybody.. feat. 小袋成彬 (Prod. Chaki Zulu & 小袋成彬)
07. Skit
08. バグり feat. MonyHorse (Prod. Chaki Zulu)
09. G.O.A.T (Prod. Chaki Zulu)
10. Give Me Your Something feat. Daichi Yamamoto (Prod. DISK NAGATAKI & Chaki Zulu)
11. Fuck U Tokio I Love U! feat. 5lack (Prod. DISK NAGATAKI & Chaki Zulu)
12. 追憶 feat. Yojiro Noda (Prod. Chaki Zulu)
13. Half Me Half U (Prod. RRAREBEAR)
14. Yuki Nakajo (Prod. VaVa)
15. 鏡花水月 (Prod. U-Lee)
16. But She Cries Remix feat. BIM (Prod. Chaki Zulu)
17. TEENAGE VIBE feat. Tohji (Prod. Chaki Zulu)
ダウンロード / ストリーミング / CD購入はこちら: https://smarturl.it/kZm_DISTORTION

related

TohjiとLootaがプロデューサーにMechatokを迎えた新曲"echo"をリリース

『KUUGA』のリリースも記憶に新しいTohjiとLootaが、新曲"echo"をリリースした。

kZmが開催した『HYPER HIPPIE TOUR』のマーチャンダイズが受注販売スタート

kZmが開催した3年ぶりのツアー『HYPER HIPPIE TOUR』のマーチャンダイズが、自身のオフィシャルショップにて受注販売を開始した。

Tohji, Loota & Brodinskiによる『KUUGA』から木村太一が制作した"Yodaka"のミュージックビデオが公開

TohjiとLoota、Brodinskiによる『KUUGA』から、"Iron D**k"に続き"Yodaka"のミュージックビデオが本日公開された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。