AVYSSのドネーション企画としてバーチャルプログラム『AVYSS GAZE』がスタート

新型コロナウイルスの感染拡大により音楽業界全体へのダメージは計り知れないが、現在のインディペンデントなアーティストやオリジナリティーのあるアーティストを紹介し続けてきたウェブメディアAVYSSも、存続の危機にさらされている。

2周年を迎えるAVYSSは感染拡大により運営会社が受けたダメージもあり、AVYSSのディレクターであるCVN、DJ/プロデューサーのstei、DJ・アーティストのJACKSON kakiが中心となり、ドネーション企画として独自のバーチャル配信プログラム『AVYSS GAZE』をスタートさせる。

『AVYSS GAZE』は、JACKSON kakiが手がけたオリジナルのバーチャルワールドを舞台に各出演者がそれぞれ自宅などで収録したライブやDJの映像/音源を配信するプログラムとなり、プログラムは毎回出演者を入れ替え、定期的に配信する。4/26(日)に開催する第一回目にはCVNをはじめ、Dove、JACKSON kaki、LSTNGT、NTsKi、剤電などAVYSSにゆかりのあるアーティストが出演する。

またドネーションアイテムも後日公開し、受注販売を開始。アイテムのデザインには、Hana Watanbeが手がけた今回のプロジェクトのロゴや、Daiki Miyamaが手がけたAVYSSのメインロゴが使用される。

Info

AVYSS GAZE
2020.04.26 (sun)
VENUE / Internet
START / 20:00

○ACT (A-Z)
CVN
Dove
JACKSON kaki
LSTNGT
NTsKi
剤電

○参加方法
4月26日の19時までにPayPalでドネーション(寄付)をして頂き、その後件名に「AVYSS GAZE」と記入して下記のアドレスにメールをお願い致します。当日、配信先のURLをお送り致します。(Please pay the donation and send me email. I will send you the URL.)

PayPal : https://www.paypal.me/avyssmagazine
Mail : avyssgaze@gmail.com

related

Gucci ManeやLil Pumpらがマイアミでマスク無しのパーティに参加していたことが報じられる

新型コロナウイルスのパンデミック以来、マスクは我々の生活にとって欠かせないものとなっている。マスクを着用しないまま人の密集する場所やパーティに足を運ぶことは自分自身や周囲を危険に晒してしまうこととなるが、今回、多くのセレブがマスクを着用せず集まるパーティが開催されてしまったことが報じられている。

ワクチンの接種が広がればアメリカのライブエンターテイメント会場が今秋には再開可能であるとの見解が発表される

昨年以来、新型コロナウイルスの発生によって世界中のライブエンターテイメント業界が大きな打撃を受けて久しい。未だにパンデミックの収束が見えない中、アメリカでのライブイベントの再開が可能となる時期の一つの目安とも言える見解が発表された。

緊急事態宣言の発出を前に音楽ライブエンタテインメント団体から政府に緊急経済支援策などを求める要望が提出される

新型コロナウイルスの再度の感染拡大に伴い東京・神奈川など1都3県に、本日1/7の夕方に再び緊急事態宣言が発出される見込みだ。 それを前に一般社団法人日本音楽出版社協会(MPA)、一般社団法人日本音楽事業者協会(JAME)、一般社団法人日本音楽制作者連盟(FMPJ)、一般社団法人コンサートプロ...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。