The RootsのJames PoyserがRobert Glasper、BIGYUKIらと共に自宅から“Amazing Grace”を演奏する動画を公開

The RootsのメンバーでありD’AngeloやErykah Baduをはじめ数々のアーティストの作品に参加してきたキーボーディストJames Poyserが、新型コロナウイルスの流行に伴う自宅待機の中、自身を含めた12人の鍵盤奏者がそれぞれの自宅で“Amazing Grace”を演奏する動画を公開した。

それぞれのプレイヤーが自宅からピアノやRhodes、ハモンドオルガンなど様々な楽器を用いてソロを繋げていくこの動画。Cory HenriやGreg Phillinganes、Robert Glasperなど錚々たるメンバーが参加し、日本からはBIGYUKIと上原ひろみが参加している。

James Poyserは動画のキャプションにて「困難な時に、これほどの慰めを与えてくれる曲はありません。年齢、信条、民族、志向...“Amazing Grace”は私たちがいる場所で、私たちを満たしてくれます。私は12人の友人、地球上で最も優れたミュージシャン12人に、12の鍵盤を通して共に超えてゆく手助けをしてもらいました。それぞれが新しい鍵盤、声、色で演奏し、次のプレイヤーに繋げる際に半音だけ転調してもらいました。“Amazing Grace”が私たちの人生と常に共にありますように」と綴られている。

どうしても気が滅入ってしまいがちな昨今だが、この動画で奏でられる音色を聴いて気持ちを落ち着かせてみてはいかがだろうか。

related

MigosがThe Rootsと共にオフィス用品を使って楽しく"Bad & Boujee"を演奏

オフィスにあるものを楽器にして演奏する特別セットを披露した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。