ビートメーカーがリレーライブする配信イベント『BeatsFromHome』が開催|dhrmaやFKD、ILL-SUGI、Phennel Kolianderなども出演

自宅にいながらビートメーカーのライブを楽しめる、オンラインイベント『BeatsFromHome』が4月29日(水・祝)に開催される。

『BeatsFromHome』は、COVID-19流行拡大に伴うイベントの中止や、自粛対象としての名指しの批判により、経済状況がすこぶる悪化しているクラブ/ライブハウスや、アーティストへの援助を目的としたチャリティーイベント。本イベントは、クラウドファンディング支援のリターンとして、ライブストリーミングによって視聴することが可能となっている。

本プロジェクトにおいて、クラウドファンディングで集まった支援金は、参加アーティストへの還元はもちろん、基本的にイベント運営資金として使用されるが、余剰資金はすべて厳しい状況にある箱の経営に回るように手配される。よって、視聴者は自宅で音楽を楽しみながら、アーティストと箱への支援ができるイベントとなっている。

配信はスピーカーからの出音をマイクで拾う簡素的なものではなく、機材からの出力を直接配信できるよう、音質にも拘りを持って調整が進めてられている。媒体にはvimeo等ストリーミングメディアが検討され、クラウドファンディング支援者にイベント当日、視聴のためのリンクやパスワードが配布される予定だ。

イベントは、4/29(水・祝)の15:00~23:00まで、10時間を通して開催される予定であり、ラインナップにはdhrmaやPhennel Koliander、FKDなど国内外問わず多くのヒップホップヘッズ、ビートジャンキーを引きつけるビートメイカーが約20名揃う。企画の経過や出演者情報は、主催であるwhere.tokyoのInstagramアカウントから随時発信される。

 

Info

where.tokyo
https://www.instagram.com/where.tokyo/

『BeatsFromHome』開催概要
2020.4.29. (水・祝)
15:00-23:00
Beatlive via livestream
streaming only ¥2,000
with compilation album ¥3,500

1Co.INR
adaptrook
Ballhead
dhrma
Dyelo Think
EL TOBO
FKD
ILL-SUGI
melunn
Phennel Koliander
Yagi
yorokobeats

and more...

related

2020年の日本国内のライブ・エンタテインメント市場は前年の8割減の見込み

新型コロナ禍と共にあった2020年の音楽シーンだが、特にダメージを受けたのがライブシーン。ぴあ総研が試算した2020年のライブ・エンタテインメント市場規模は、これまでの予想より、さらに落ち込み前年の8割減となる見込みになることがわかった。

クラウドファンディングを実施中の下北沢SPREADが再始動 | オープニングシリーズの暫定プログラムとラインナップも発表

今年2月にオープンしたばかりの下北沢のクラブ/ライブスペースのSPREADは、数回の営業の後、新型コロナウイルス感染症拡大による政府からの自粛要請を受け、営業自粛となった。

ビートメイカーPhennel Kolianderの最新作『32.6%』がリリース

WONKを擁するレーベルEPISTROPHのメンバーでもあり、Daichi YamamotoのバックDJを務めるビートメーカーのPhennel Kolianderによるリリース企画「%」の第二弾、『32.6%』が明日8/26(水)にリリースされる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。