Tory Lanezが自宅待機中のファンのために始めたInstagramライブを何故かBANされ話題に

新型コロナウイルスの流行に伴う外出禁止によって、Instagramライブでの配信を行う者が爆発的に急増したここ最近。そんな中、ライブ配信『Quarantine Radio』を定期的に行なってきたTory Lanezが何故かInstagramライブをBANされ使用不可能となったことが話題を呼んでいる。

Complexによると、Tory Lanezは今日突如としてInstagram運営からライブ配信を4月14日まで制限するとの通告を受けた。彼が投稿したスクリーンショットには「この機能の以前の使用を理由に、あなたのアカウントは一時的にこのアクションからブロックされています。我々はコミュニティをほどするために、特定のコンテンツや行動を制限しています」と書かれている。どうやらTory Lanezや配信の参加者がかつてとった何らかの行動がInstagramライブの利用規約に反していたようだ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

350K I can’t go on right now they won’t let me. .... THEY DIDNT WANT ME TO WIN DAMN B

torylanez(@torylanez)がシェアした投稿 -

キャプションには「奴らは俺に勝って欲しくないようだ」と綴られ、彼の配信が過去に350万人の視聴者数を獲得したことも言及されている。

その後投稿された動画の中で、彼は「これはクレイジーだ。350万人が見る配信をやっていた俺をInstagramは切ったんだぜ。みんなが知らない新しいアカウントを作り直したよ。ちょうどフォロワーが10万人になった。Instagramは俺を締め出したんだ」と怒りを露わにしている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Stay tuned...

torylanez(@torylanez)がシェアした投稿 -

新型コロナウイルスの影響で自宅待機をしているファンを少しでも楽しませようと始まったという『Quarantine Radio』。Complexの記事の中では過去に配信の中で局部をろしゅつしていたことがBANされた原因なのではないか、と推測されている。

ファンの間ではこの一件は既にミームと化しており、#FreeTory のハッシュタグとともに様々な投稿がなされている。

ファンのためにもInstagramにはTory LanezのBANをなるべく早めに解除してもらいたいものだ。

related

【コラム】Tory Lanezは有罪か? | Megan Thee Stallion銃撃事件の行方

と、9月26日につぶやいたところ、2日後にFNMNLの和田さんから「なかなか難しいテーマだと思いますが」と、気遣いながらこのテーマで書いてほしい、との発注がきた。ツイッターには「私、こんな情報に注目しています(=記事を書けますよ)」的な意味合いのつぶやきも紛れ込ませているので、いつもならありがたく、うれしい流れだ。でも、このメールを読んだとき、「来ちゃったか」とお腹のあたりが重くなった。今年の5月末に始まったアメリカでのBlack Lives Matterの盛り上がりを受け、日本でもなにが起きているのか理解しようと、様々な解説がされ、文化史を中心に黒人の歴史が見直され、検証されてきた。それ自体はいいことなのだが、今回の一連の抗議運動の土台となる「感情」を説明するのは非常に難しい、という事実も浮かび上がったように思う。そして、私は友人も多い黒人女性の現状について、過度にかわいそうに描かず、しかし実際にとても困難が多いことを伝えようとトライしては、挫折してきた。

Tory LanezがMegan Thee Stallion銃撃後の沈黙を破り新作『Daystar』をリリース|謝罪無しのリリースに批判や再生を控えるよう呼びかける声も

7月、車内でMegan Thee Stallionの足を銃撃し怪我を負わせ逮捕されたTory Lanez。その後彼は保釈されたもののSNSでは多くの批判を浴び、またそれに対するコメントも出していなかったが、本日突如として沈黙を破りニューアルバム『Daystar』をリリースした。

Tory LanezがMegan Thee Stallionを銃撃してしまったのは「飲み過ぎていたから」と謝罪していたことが判明

パーティー会場においてMegan Thee Stallionを銃撃し、逮捕されたTory Lanezに対してはヒップホップシーンからも大きな批判が出ているが、Toryが銃撃した約15時間後にMeganへ謝罪していたことが判明した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。