C.E、Hinge Finger、The Trilogy Tapesによる共催パーティーが開催 | Joy Orbison、Beatrice Dillon、Will Bankheadがゲスト出演

C.Eによる2020年度初となるパーティが、4/10(金)に東京・表参道のVentでJoy Orbison (ジョイ・オービソン)、Beatrice Dillon (ビアトリス・ディロン)、Will Bankhead (ウィル・バンクヘッド)の3名をゲストに迎え開催される。

C.EがHinge Finger (ヒンジ・フィンガー)、The Trilogy Tapes (ザ・トリロジー・テープス)の2レーベルと共催する本パーティのラインナップは、音楽プロデューサー/DJでHinge Finger主宰のJoy Orbison、今年2月に初のソロアルバムをベルリン拠点の音楽レーベルPAN (パン)よりリリースしたばかりのBeatrice Dillon、そしてJoy Orbisonと共同で音楽レーベルHinge Finger、個人としてThe Trilogy Tapesを運営するWill Bankheadの3名。

活動10周年を迎えたJoy Orbison、自身初のアルバムをリリースしたばかりのBeatrice Dillon、そして説明不要のWill Bankheadと脂の乗ったクリエイターたちが登場する。

Info

C.E, Hinge Finger, The Trilogy Tapes present

JOY ORBISON
BEATRICE DILLON
WILL BANKHEAD

開催日:2020年4月10日金曜日
開催時間:午後11時〜
開催場所:VENT http://vent-tokyo.net/
当日料金:2,500円
前売り料金:1,500円 (https://jp.residentadvisor.net/events/1402254)

※20歳未満の方のご入場はお断り致します。年齢確認のため顔写真付きの公的身分証
明書をご持参願います。(Over 20's Only. Photo I.D. Required.)

related

【インタビュー】Joy Orbison 『still slipping vol.1』 | 僕ヴァージョンのソウル・レコードを作った

Joy Orbisonの名前を初めて知ったのは彼のデビューシングル"Hyph Mngo"でだった。ロンドン出身のDJ・プロデューサーの楽曲には、自身のルーツであるUKのダンスミュージックの息遣いを感じさせつつも、カラフルでエネルギッシュな印象を受けた記憶がある。デビュー曲以来、彼は新しいジャンルを...

Joy Orbisonのミックステープ『still slipping vol.1』のリリースを記念してC.Eが手がけたマーチャンダイズが販売

Joy Orbisonがリリースするキャリア初となるフルレングス作品『still slipping vol.1』。今作に合わせC.Eが手掛けたマーチャンダイズが発売となる。

UKのクラブシーンの孤高のプロデューサーJoy Orbisonが初の長編作品『still slipping vol.1』を8月にリリース

ロンドン出身のDJ、プロデューサーのJoy Orbisonが8/13(金)に初の長編作品となる14曲入りミックステープ『still slipping vol.1』をXL Recordingsからリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。