スタジオジブリの名作のサウンドトラックがストリーミングサイトで解禁

スタジオジブリが送り出した名作『風の谷のナウシカ』、『となりのトトロ』、『もののけ姫』、『崖の上のポニョ』のサウンドトラックが本日2/21(金)から主要ストリーミングサイトでの配信が解禁されている。

今回解禁されたのは1984年公開の『風の谷のナウシカ』から2016年公開の『レッドタートル』までのサウンドトラック23作品となる。あわせて14のイメージアルバム作品、及びベストアルバム『スタジオジブリの歌(増補盤)』の計38作品となる。

Info

<配信対象作品>

「風の谷のナウシカ サウンドトラック ~はるかな地へ・・・~」(TKCA-72717)
「天空の城ラピュタ サウンドトラック ~飛行石の謎~」(TKCA-72721)
「となりのトトロ サウンドトラック集」(TKCA-72725)
「魔女の宅急便 サントラ音楽集」(TKCA-72742)
「おもひでぽろぽろ オリジナル・サウンド・トラック」(TKCA-71118)
「紅の豚 サウンドトラック」(TKCA-71156)
「海がきこえる サウンドトラック」(TKCA-71142)
「平成狸合戦ぽんぽこ サウンドトラック」(TKCA-71141)
「耳をすませば サウンドトラック」(TKCA-72746)
「もののけ姫 サウンドトラック」(TKCA-71168)
「ホーホケキョとなりの山田くん オリジナル・フル・サウンドトラック
~家内安全は、世界の願い。」(TKCA-71635)
「千と千尋の神隠し サウンドトラック」(TKCA-72165)
「猫の恩返し サウンドトラック」(TKCA-72367)
「ギブリーズ episode2 サウンドトラック」(TKCA-72366)
「ハウルの動く城 サウンドトラック」(TKCA-72775)
「ゲド戦記 サウンドトラック」(TKGA-503)
「崖の上のポニョ サウンドトラック」(TKCA-73340)
「借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック」(TKCA-73537)
「コクリコ坂から サウンドトラック」(TKCA-73665)
「風立ちぬ サウンドトラック」(TKCA-73920)
「かぐや姫の物語 サウンドトラック」(TKCA-74030)
「思い出のマーニー サントラ音楽集」(TKCA-74120)
「レッドタートル ある島の物語 サウンドトラック」(TKCA-74440)
「スタジオジブリの歌 -増補盤-」(TKCA-10171) 
「風の谷のナウシカ イメージアルバム 鳥の人・・・」(TKCA-72716)
「天空の城ラピュタ イメージアルバム ~空から降ってきた少女~」(TKCA-72720)
「となりのトトロ イメージソング集 」(TKCA-72724)
「魔女の宅急便 イメージアルバム」(TKCA-72741)
「おもひでぽろぽろ イメージアルバム」(TKCA-71117)
「紅の豚 イメージアルバム」(TKCA-71155)
「平成狸合戦ぽんぽこ イメージアルバム」(TKCA-71140)
「耳をすませば イメージアルバム」(TKCA-72745 )
「もののけ姫 イメージアルバム」(TKCA-72747)
「千と千尋の神隠し イメージアルバム」(TKCA-72100)
「イメージ交響組曲 ハウルの動く城」(TKCA-72620)
「崖の上のポニョ イメージアルバム」(TKCA-73309)
「コクリコ坂から イメージアルバム ~ピアノスケッチ集~」(TKCA-73641)
「かぐや姫の物語 ~女声三部合唱のための~」(TKCA-74173)

<配信ストリーミング・サイト>
Amazon Music
Apple Music
AWA
dヒッツ
Google Play Music
KKBOX
LINE MUSIC
RAKUTEN MUSIC
Rec Music
Spotify
うたパス
You Tube Music
(アルファベット順)

related

映画『WAVES/ウェイブス』のトレイ・エドワード・シュルツ監督がFrank Ocean、Kanye West、Kendrick Lamarの楽曲をセレクトした理由を語る

4月より公開される話題の映画『WAVES/ウェイブス』。FNMNLのコラムでも紹介されているように、Animal CollectiveやFuck Buttons、Frank Ocean、H.E.R.、Kendrick Lamar、Kanye West、A$AP Rockyなど様々なジャンルの31曲もの楽曲たちが作中の登場人物やシーンが帯びている感情を代弁する役割を果たし、それらの隙間をトレント・レズナーとアッティカス・ロスによるオリジナルスコアが埋めて補完するというこれまでにない音楽と映像の関係を作り上げた作品になっている。

Kendrick LamarやFrank Oceanなどの楽曲が使用される話題の映画『WAVES/ウェイブス』の冒頭6分間の映像が公開

Frank OceanやKanye West、Kendrick Lamarなどの楽曲をふんだんに用いた映画『WAVES/ウェイブス』。4/10(金)から公開となる同作の冒頭6分間の映像がYouTubeで公開された。

【コラム】『WAVES/ウェイブス』|Frank Ocean、Animal Collective、Kendrick Lamarらの楽曲が紡ぎ出すプレイリストムービー

『ムーンライト』や『レディバード』、『ミッドサマー』などの作品群を発表し高い評価を受ける映画プロダクションA24が新たに世に放つ新作『WAVES/ウェイブス』。Frank OceanやKanye West、Kendrick Lamarなどの楽曲をふんだんに用いた同作は、映画ファンはもちろん音楽ファンにとっても必見の作品だ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。