GEZANの最新作『狂(KLUE) 』がLPでリリース決定

GEZANが1月にリリースした最新作『狂(KLUE)』が、4月にLPでリリースされることが発表となった。

『狂(KLUE)』は、全編がBPM100で構成された内容となっていて、レコーディングとミキシングエンジニアにはGEZANのライブのオペも行っているダブ界の巨匠である内田直之を迎えRed Bull Studios Tokyoにて録音、自身のスタジオmakisato labにてミキシングが行われた。

LPは4/18(土)に発売となる。

Info

アーティスト : GEZAN
タイトル : 狂(KLUE)
品番 : JSGM-34LP
定価:¥3,500+税
発売日:2020年4月18日(土)
収録曲:
A SIDE
1. 狂 / 2. EXTACY / 3. replicant / 4. Human Rebellion / 5. AGEHA / 6. Soul Material /
7. 訓告 / 8. Tired Of Love

B SIDE
9. 赤曜日 / 10. Free Refugees / 11. 東京 / 12. Playground / 13. I

マヒトゥ・ザ・ピーポー : Vocal&Scream,Voice,Guitar,Synth
イーグル・タカ : Guitar,Voice,Synth
カルロス尾崎 : Bass,Didgeridoo,Voice
石原ロスカル : Drums,Voice

Guest musicians
JC from んoon : Chorus(Track13)
山田碧 from the hatch : Trombone (Track7)
,Organ(Track6,13)
Ultrafog : Programing(Track6,9)
下津光生 :Chrorus(Track12)

Recording & Mixing engineer : 内田直之
Recorded at Red Bull Studios Tokyo
Mixed at makisato lab
Mastering: Fumitake Tamura
Cover Photo : Ai Iwane
Design : Satoshi Suzuki

related

難波BEARSのドネーションコンピの全国流通とストリーミングでの解禁が決定 | 十三月の過去タイトル5作品も再発売決定

GEZANによるレーベル十三月からリリースされた大阪の老舗・難波BEARSを支援すべく集まった、ゆかりのあるアーティストによるドネーションオムニバスCD『日本解放』の全国流通とストリーミングサービスでの解禁が決定した。

LIQUIDROOMによるメッセージTシャツプロジェクトにGEZANが登場

これまで電気グルーヴ、坂本慎太郎、THA BLUE HERB、Awichなどが参加してきたLIQUIDROOMのメッセージTシャツプロジェクトに、新たにGEZANが登場した。

『夏の魔物』にAwich×kZm、GEZAN、eastern youthなどの追加出演が決定

8/30(日)に東京・八王子のエスフォルタアリーナ八王子で開催される『TBSラジオ主催 夏の魔物2020 in TOKYO』の追加発表が行われた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。