新世代シンガーソングライター松木美定がシングル『実意の行進/焦点回避』をリリース決定

2018年11月より楽曲制作を開始し、ハードバップ、ビバップなどのジャズから強い影響を受け、そこに現代のポップスのエッセンスを加えた作風で話題を呼んでいる新世代のシンガーソングライター松木美定。

宅録音楽家、浦上想起とのユニットでライヴ活動も行なっている彼が、代表曲ともいえる"実意の行進"と新曲の"焦点回避"をカップリングしたシングル『実意の行進/焦点回避』を今月リリースする。2曲とも松木美定のルーツであるジャズから強く影響を受けた作品であり、激しく刻まれるドラムに対して上下降のある流れるようなメロディ、そしてその裏では特殊なコードを織り交ぜ一筋縄では行かない美しいポップソングの"実意の行進"とハードバップを強く意識したリズム、そしてメロディはポップさ全開のバランスを考え抜いた新曲"焦点回避"という内容となっている。

Info

アーティスト:松木美定(マツキビテイ)

タイトル:『実意の行進/焦点回避 - Single』

発売日:2020年2月19日(配信リリース)

発売元:Bitei Matsuki

<iTunes予約ページ>

iTunes

https://itunes.apple.com/jp/album/1496111689?l=ja&ls=1&app=itunes

Apple Music
https://music.apple.com/jp/album/1496111689

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。