Kanye Westが自身の過去のアルコール依存について語る

昨年は、新作『Jesus Is King』のリリースなど良くも悪くも話題を振りまき続けたKanye West。そんな彼が自身の過去のアルコール依存との闘いについて語った。

彼は今週末にアリゾナ州で行われた、キリスト教の大規模集会『Awaken 2020』に登場。昨年から、彼が不定期で開催している『Sunday Service』のコーラス隊とともに自身が2004年にリリースしたアルバム『The College Dropout』に収録されている楽曲“Jesus Walks”を披露している。

その後、Kanyeは観客に向け、自身は神にとってのトロイの木馬であると述べた。
「悪魔は誰かをだまそうとしていると、皆常に言うが、それは神が最後に笑うようなものだ」と語るKanyeは続けて、「俺はこの歌(“Jesus Is King)から始まった。そしてこの間ずっと、悪魔は俺のことをだましていたと思っていたんだ。これはまさしくトロイの木馬だ」と話している。以前、Kanyeが「ラップは悪魔の音楽」と発言していたというニュースがあったが、どうやらそれは事実だったようだ。

Kanyeはさらに「彼(キリスト)は俺の明快さを取り戻した。それが俺が真実を見つけた場所だ。俺は精神病院に行き、戻ってきた。そして、悪魔のために働いた。皆、俺が出てくるとは思っていなかった。彼らはすでにシャベルを掴んでいたんだ。彼らは言った、“あいつの頭はおかしい。だからもうあいつのキャリアは終わったな”。でもイエスは救ってくれる。どれだけ遠く離れていても、どれだけ暗い暗闇のなかでも、光はすぐそこにあり、救う準備は出来ている。皆に自信を与えるために」と自分自身がいかにキリストに救われたかを語った。

また、彼はMCにて過去のアルコール依存にも触れている。「アルコールが俺の人生に影響を与えるとは思ってもみなかった。俺はレッドカーペットで飲んでいて、数分後にはステージに走っていた」と2009年のVMAでの自身が起こした騒動を振り返ったKanyeは「周りの皆が“ああ、彼はまだアルコール中毒じゃない”と言っていた。その後、朝食にウォッカとオレンジジュースを飲むようになっても“ああ、俺はまだアルコール中毒じゃない”と思っていた」と続けている。かなりのアルコール中毒だったことがうかがえるが、彼曰く、ある日の午後、酒をやめようと決心したとのこと。

Kanyeはその時のことについて、「俺のオフィスの冷蔵庫にはウォッカがいくつかあって、日中からただそこで飲んでいたんだ。それで、キッチンに向かって歩いていたら、俺は立ち止まり“悪魔よ、今日お前は俺のことを倒すことは出来ない”と言ったんだ」と振り返り、続けて「それは俺達が日々取り組んでいることだ。毎日俺は酒を飲まず、悪魔を打ち負かしたんだ」とアルコールを断つことに成功したと述べた。

今回のイベントでも相変わらずの信仰の深さを見せたKanyeだが、そのおかげでアルコールを断ち切れたのであれば素晴らしいことだ。

related

Kanye Westが新たなインタビューでA$AP Rockyの釈放に向けて動いた経験とトランプ支持による批判を振り返る

昨年もアルバム『JESUS IS KING』をリリースする一方でトランプ大統領の支持を表明し続け物議を醸していたKanye West。そんな彼の新たなインタビューがWall Street Journalにて公開されている。

映画『WAVES/ウェイブス』のトレイ・エドワード・シュルツ監督がFrank Ocean、Kanye West、Kendrick Lamarの楽曲をセレクトした理由を語る

4月より公開される話題の映画『WAVES/ウェイブス』。FNMNLのコラムでも紹介されているように、Animal CollectiveやFuck Buttons、Frank Ocean、H.E.R.、Kendrick Lamar、Kanye West、A$AP Rockyなど様々なジャンルの31曲もの楽曲たちが作中の登場人物やシーンが帯びている感情を代弁する役割を果たし、それらの隙間をトレント・レズナーとアッティカス・ロスによるオリジナルスコアが埋めて補完するというこれまでにない音楽と映像の関係を作り上げた作品になっている。

Frank Ocean、Kendrick Lamar、Kanye Westなどの楽曲が使用される映画『WAVES/ウェイブス』の予告編が公開

『ムーンライト』や『レディ・バード』、『ヘレディタリー/継承』など次々と話題作を発表して、ハリウッドに新風を吹き込む映画制作会社のA24。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。