The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by Daichi Yamamoto

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!題して『The Most Memorable Thing from the 2010's』。印象的な音楽作品や個人的な思い出まで、どんな出来事がチョイスされていくのかお楽しみに!

今回は、京都出身でJazzy Sportに所属のラッパーで今年1stアルバム『Andless』をリリースし、渋谷WWW、京都Metroでのリリースライブを成功させたDaichi Yamamoto。

 

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by Daichi Yamamoto

1stアルバム『Andless』が出せた事

 

コメント

他人に聴かせられるようにやっとなったな、と素直に嬉しかったです。26歳までにはアルバムを出して28歳に飛躍するとずっと妄想してたので、このまま突っ走りたいです。

 

2020年代はどのように過ごしたい?

2020年は、もっと色んな場所に行って刺激を受けたいし、例えば嫌な事にも嫌と言えるようになって、新しいライフスタイルを作っていきます。そして、周りにポジティブなエネルギーを広げたい。

 

Info

Daichi Yamamoto 1st Album『Andless』

https://ssm.lnk.to/Andless
https://www.instagram.com/daichibarnett/

Daichi Yamamoto

京都生まれのMC。日本人の父とジャマイカ人の母を持つ。2012年からロンドン芸術大学にてインタラクティブ・アートを学び、大学在学中にSoundCloud上に発表した音源が話題を呼び、JJJ(Fla$hBackS)やAaron Choulai、Kojoe、The Nostalgia Factoryらとコラボした楽曲を次々に発表。Eleking誌のインタビューで、Olive Oilが「好きなラッパー」として言及するなど、注目が高まった。

2017年10月イギリスから帰国しJazzy Sportに所属。続く2018年には、STUTSやAi Kuwabaraらの作品への客演参加、MONJUから仙人掌 / PSGからGAPPERを招いたリード曲”All Day”のRemix を収録したAaron ChoulaiとのジョイントEP『Window』を発表。

2019年3月に発表したデジタル・シングル"上海バンド"が、Apple Music『今週のNEW ARTIST』にも選出され、Kanye WestやPharrell Williams、Jay-Zらとの作品でも知られる米国のMC・Lupe FiascoがそのMVをSNS上で取り上げるなど、国内外からも注目を集める存在となった。

2019年9月1st アルバム『Andless』をリリース。12月には渋谷WWW、京都Metroでのリリースライブを行った。

related

スリーピースバンドRyu MatsuyamaがDaichi Yamamotoを迎えた新曲"Snail"をリリース決定

ピアノスリーピースバンドRyu Matsuyamaが、8/11(水)にDaichi Yamamotoを迎えた新曲"Snail"をリリースする。

【インタビュー】Daichi Yamamoto 『WHITECUBE』| 好き嫌いじゃない曲が揃った

2019年のソロデビュー作『Andless』で大きな飛躍を遂げたDaichi Yamamotoが、EP『Elephant In My Room』を挟んで2年ぶりのニューアルバム『WHITECUBE』を6月にリリースした。 多様なトラックに対してバラエティに富んだフロウで驚かせてくれた前作の流...

PSGのGAPPERが初のソロアルバム『明日が迎えに来ル迄』を8月にリリース | 5lack、Daichi Yamamotoも参加

PUNPEE、5lackと共にPSGのメンバーとしても活動するGAPPERが、ソロアルバム『明日が迎えに来ル迄』を8/4(水)にリリースする。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。