The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by Daichi Yamamoto

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!題して『The Most Memorable Thing from the 2010's』。印象的な音楽作品や個人的な思い出まで、どんな出来事がチョイスされていくのかお楽しみに!

今回は、京都出身でJazzy Sportに所属のラッパーで今年1stアルバム『Andless』をリリースし、渋谷WWW、京都Metroでのリリースライブを成功させたDaichi Yamamoto。

 

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by Daichi Yamamoto

1stアルバム『Andless』が出せた事

 

コメント

他人に聴かせられるようにやっとなったな、と素直に嬉しかったです。26歳までにはアルバムを出して28歳に飛躍するとずっと妄想してたので、このまま突っ走りたいです。

 

2020年代はどのように過ごしたい?

2020年は、もっと色んな場所に行って刺激を受けたいし、例えば嫌な事にも嫌と言えるようになって、新しいライフスタイルを作っていきます。そして、周りにポジティブなエネルギーを広げたい。

 

Info

Daichi Yamamoto 1st Album『Andless』

https://ssm.lnk.to/Andless
https://www.instagram.com/daichibarnett/

Daichi Yamamoto

京都生まれのMC。日本人の父とジャマイカ人の母を持つ。2012年からロンドン芸術大学にてインタラクティブ・アートを学び、大学在学中にSoundCloud上に発表した音源が話題を呼び、JJJ(Fla$hBackS)やAaron Choulai、Kojoe、The Nostalgia Factoryらとコラボした楽曲を次々に発表。Eleking誌のインタビューで、Olive Oilが「好きなラッパー」として言及するなど、注目が高まった。

2017年10月イギリスから帰国しJazzy Sportに所属。続く2018年には、STUTSやAi Kuwabaraらの作品への客演参加、MONJUから仙人掌 / PSGからGAPPERを招いたリード曲”All Day”のRemix を収録したAaron ChoulaiとのジョイントEP『Window』を発表。

2019年3月に発表したデジタル・シングル"上海バンド"が、Apple Music『今週のNEW ARTIST』にも選出され、Kanye WestやPharrell Williams、Jay-Zらとの作品でも知られる米国のMC・Lupe FiascoがそのMVをSNS上で取り上げるなど、国内外からも注目を集める存在となった。

2019年9月1st アルバム『Andless』をリリース。12月には渋谷WWW、京都Metroでのリリースライブを行った。

related

JJJの1年ぶりのワンマンライブにDaichi Yamamoto、KEIJU、KID FRESINO、SPARTAのゲスト出演が決定

11/27(土)にTSUTAYA O-EASTで開催されるJJJのワンマンライブ『JJJ LIVE 2021.11.27』の追加のゲストアーティストが発表となった。

STUTSのワンマンライブに仙人掌、Daichi Yamamotoの追加出演が決定 | 新作グッズの発売も

STUTSがバンドとゲストと共に作り上げる『“90 Degrees” LIVE at USEN STUDIO COAST』の追加ゲストが決定した。

【都市と香りと音楽と No.02】Daichi Yamamoto | 東京

ほとんど水の 焼酎ソーダに口をつけるフリをして 合わせ鏡の様に唇に 続く香りを額に感じた。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。