The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by tofubeats

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!題して『The Most Memorable Thing from the 2010's』。印象的な音楽作品や個人的な思い出まで、どんな出来事がチョイスされていくのかお楽しみに!

今回は神戸出身のDJ/プロデューサーのtofubeatsが登場。

 

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by tofubeats

メジャーデビュー

 

コメント

1990年生まれの自分にとっていわゆるテン年代というのはまるまる20代を指す。

自分にとっての青春のスタートみたいなのは東京の方が早かった。大学に入る前から関わっていたインターネットの面々が東京住まいが多かったからだ。2008年のWIREを皮切りに(厳密にはその1年前に1度行っているけど)東京に通うようになってtwitterもスタート。そこから2010年代は移動が続く10年だった。パソコンを持ち歩くのが格好良いと思っていた10年だった。この10年で比喩とかでなく10台はパソコンを買った。

下北沢や秋葉原に集まっては定職についてない先輩や友達とダラダラやっていて、いつか普通に働かなければいけない日が来るんだろうなと淡島通りを歩きながら(当時はこの通りの名前を知らなかった)ボンヤリ思っていたけど、2000年代の終わりに自分に多大な影響を与えた友人が立て続けに亡くなって皆がなんとなくしっかりせねばと思い始めたのが2010年の春。そこにいたメンバーは散り散りになっていき、自分に関しては東京に行ったときには南千住とか入谷の安宿に泊まるようになった。あとは時を同じくして関西でも普通に夜遊びするようになっていった気がする。

だいたい音楽的に言えば方向性は実はそのあたりで定まっていて、あとはそれを磨きながら手を変え品を変え世の中に通用するんだかどうなんだかと続けた10年だった。なのでこの10年で決定打的な作品を…と言われても結構自分的には難しい。水星の初出は2011年。dj newtownの新譜「WEST MEMBERS」も聴いたけど手法的には11年前と全く代わり映えしていない。

その後体調なんかを崩しつつ2012年に実家を出てlost decadeを完成させてメジャーデビューし、その後独立して東京に移住してくるまでが自分にとっての10年代だった。友達の家だったのがドヤになりホテルになってついには移住してくることになるとは。ラッキーな方だと思うけど逆に階段を飛ばしてくるようなこともないんだなと実感する。

別にメジャーデビュー自体は大きな流れの一つの節目なんですが、社会人(?)になって節目みたいなものがそもそも消えかけているのでこれを選びました。大学の卒業式も成人式もテン年代だったけどそれは出なかったので。あと大学卒業していきなりデビューしてるのである意味就職っぽさもあるような気がする。

もう一個デカい節目といえば2015年の会社設立でしょうか。2020年代はこれを潰さないでいけたらいいなあ。

 

2020年代はどのように過ごしたい?

スタジオもできたので腰を据えてもっと良いものができたら嬉しいです。あとDJをもっとうまくなりたい。

 

Info

12/20n TTT@WORLD, KYOTO / DJ
12/23d timeloop christmas party @Zepp Namba, Namba OSAKA / live
12/29d CHOICE w/パソコン音楽クラブ(2マン) @SUNHALL, Shinsaibashi OSAKA / live
12/30 THE GINZA OLの宴@PLUSTOKYO, Ginza TOKYO / DJ
2/15d CHOICE 31 w/KID FRESIMO, iri @味園ユニバース, Namba, Osaka/live
3/22d CHOICE 33 w/TENDRE, STUTS @味園ユニバース, Namba, Osaka/live

そのほか https://tofubeats.com/gigs

tofubeats

1990年生まれ神戸出身のDJ/プロデューサー。

related

A-THUGがJNKMNを客演、tofubeatsをプロデューサーに招いたUKガラージな新曲"HIGHWAY"をリリース

SCARSのメンバーでもある川崎のラッパーA-THUGが、JNKMNを客演、 tofubeatsをプロデューサーに招いた新曲"HIGHWAY"を本日4/2(金)にリリースした。

ミツメ・川辺素がアルバム『Ⅵ』に収録された"トニック・ラブ"のセルフリミックスに挑戦 | Seiho、STUTS、tofubeatsを招いた「リミックス勉強会」も生配信

本日3/24(水)にニューアルバム『Ⅵ』をリリースしたミツメ。収録曲"トニックラブ"は、昨秋tofubeatsによるリミックスも先行でリリースされており、このバージョンに刺激を受けたメンバーの川辺素は「自分もリミックスに挑戦したい」と意欲を見せている。

Diaspora skateboardsのフルレングスビデオ『SYMBIOSIS』が発売決定 | サントラには16FLIP、tofubeats、JJJ、STUTS、Campanella、KID FRESINO、BIMなどが参加

Diaspora skateboardsが、2020年に発表したブランド初のフルレングススケートビデオ『SYMBIOSIS』(シンバイオシス)を3/26(金)にフィジカルリリースする。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。