The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by 小袋成彬

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!題して『The Most Memorable Thing from the 2010’s』。印象的な音楽作品や個人的な思い出まで、どんな出来事がチョイスされていくのかお楽しみに!

今回は、2ndアルバム『Piercing』を本日リリースしたばかりの小袋成彬。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by 小袋成彬

ロンドンへ移住したこと。

コメント

人生初の海外生活。行く場所すべてが新しいので、毎日脳ミソが喜んでいた。言葉もまともに通じない生活だったが、簡単な言葉を羅列するだけで意思疎通できることがわかり、ああそうか赤ちゃんのように暮らせばいいのかと気がついて以来、生きることがさらに楽しくなった。人生で最も重要な気付きだったかもしれない。

2020年代はどのように過ごしたい?

世界は自分の想像した以上に広いことがわかったので、もっと遠い広い世界を見たい。イギリスでのビジネスを加速させたい。

Info

2ndアルバム「Piercing」

12月18日(水) 発売 ※デジタルのみでのリリース(サブスクリプションサービス・ダウンロードのみ)

収録曲
01.Night Out
02.Night Out 2
03.Turn Back
04.Bye
05.New Kids
06.In The End
07.Snug
08.Three Days Girl
09.Down The Line
10.Tohji’s Track
11.Love The Past
12.Gaia

2ndアルバム「Piercing」サブスクリプションサービス・ダウンロードはこちらから
erj.lnk.to/piercing

小袋成彬

1991年4月30日生まれ。ロンドン在住の音楽家。

株式会社Tokyo Recordings / AS EVER LIMITED代表取締役。

2018年4月に宇多田ヒカルをプロデューサーに迎え、アルバム『分離派の夏』でメジャーデビュー。2019年2月に拠点をロンドンに移す。

プロデューサー、ソングライターとしての2019年ワークス

RIRI, KEIJU, 小袋成彬 「Summertime」 (資生堂「アネッサ」CMソング2019)

小袋成彬, The fin. 「COLD」adieu 「強がり」、「天気」chelmico 「12:37」

related

kZmの2ndアルバム『DISTORTION』に盟友BIMをはじめTohji、LEX、Daichi Yamamoto、5lack、小袋成彬などが参加

kZmが昨日行ったYouTubeのライブ配信にて、4/22(水)にリリースされる2ndアルバム 『DISTORTION』への参加アーティストとアートワークを発表した。

『岩壁音楽祭』にKID FRESINOがライヴ、小袋成彬がDJセットで出演決定

山形・瓜割石庭公園にて開催するフェス『岩壁音楽祭』の第二弾アーティストが、発表となった。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by SIRUP

今回は、変幻自在なボーカルスタイル、五感を刺激する グルーヴィーなサウンド、そして個性的な歌詞の世界観 でリスナーを魅了するシンガーソングライターのSIRUP。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。