大谷石地下採掘場跡で電子音楽フェス『REITEN presents Ensō』の開催が決定

ドイツ・べルリンでサウンドアーティスト福田光成が2017年に設立し、音響芸術、サウンドアートに対する理解を深めることを目的とした実験的アートプラットフォーム『REITEN』。彼らが来年4月に電子音楽フェスティバル「REITEN presents Ensō」を開催するのは、栃木県宇都宮市の地下に広がる巨大空間「大谷石(おおやいし)地下採掘場跡」だ。

毎回こだわったロケーションで注目を浴びる『REITEN』だが、その場所選びにはユニークなだけではない徹底した「音へのこだわり」があり、素朴で柔らかく温かみのある質感の大谷石(おおやいし)は、いわゆる一般的なイメージの石とは異なった吸音と反響の絶妙なバランスで、ここでしか鳴らない「」”があるそうだ。

すでに出演が決まっている10組以上のライブアクトはサウンドエンジニア級の実績を持つ、電子音楽界の最高峰ばかり。その確かなスキルで「大谷石地下採掘場跡」を唯一無二のコンサートホールへと生まれ変わらせてくれることだろう。
そして、切り立つ岩に囲まれた大自然の屋外エリアにはアンビエントと繊細な律動を巧みに使いこなし、広範なプレイを得意とするDJたちを選出しており、屋外での一息も良質な音世界を堪能できる2フロア構成を予定している。

Info

名 称:REITEN presents Ensō "Festival for Sonic and Visual Arts"
日 程:2020年4月10日(金)&11日(土)19:00〜5:00
会 場:大谷石地下採掘場跡(栃木県 宇都宮市)
出 演:2020年1月発表予定
料 金:超早割2日券 9,800円、早割2日券 12,800円、前売2日券 15,800円
https://jp.residentadvisor.net/events/1356736

オフィシャルサイト:
www.ensojp.com

※前売券で規定人数に達した場合は当日券はございません。あらかじめご了承ください。
※会場内での宿泊はできません。近隣の宿泊施設をご利用ください。
※宇都宮駅〜会場間は定期シャトルバスを運行予定

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。