Sweet Williamと青葉市子がコラボレーション第二弾シングル“あまねき”をリリース

ビートメーカーSweet Williamと、シンガーソングライター青葉市子によるプロジェクト「Sweet William と 青葉市子」から、待望の第二弾シングル“あまねき”がリリースされた。本日より、各音楽サービスでの配信がスタート。合わせて、ミュージックビデオが公開となった。

前作“からかひ”から、約1年半の制作期間を経てリリースされた今作は、ふくよかでぬくもりあるSweet Williamのビートに、青葉市子の透き通る歌声と、日常と幻想が交錯した詞世界が心地よく響き合う、あらたな扉を開いた1曲に仕上がっている。

ミュージックビデオの監督は、前作同様、映像作家のKunieda Shintaroが担当。詞世界とリンクしつつ、観るものを白昼夢へと誘う、不思議な空気を纏った映像となった。

また、本タイミングで、前作“からかひ”と今作“あまねき”のアナログリリースが発表。両楽曲とインストゥルメンタルに加えて、写真家・小林光大が2人を撮り下ろしたフォトブックを含む、特別仕様となっている。

かねてより新作発表、アナログ化が待ち望まれていた2人の音楽家による作品が、満を持して登場。2/5(水)の発売日を楽しみに待ちたい。

Info

Sweet William と 青葉市子 - あまねき
https://lnk.to/amaneki

作品情報:

Sweet William と 青葉市子 – からかひ と あまねき
発売日:2020/2/5 (水)
発売形態:12インチレコード + フォトブック
販売価格:¥2,500 (税抜)

<収録内容>

Side 1
1. からかひ
2. あまねき

Side 2
3. からかひ (Instrumental)
4. あまねき (Instrumental)

特設サイト:
https://sweet-william.jp/karakai_amaneki/

商品予約ページ:

タワーレコード
https://tower.jp/item/5001524

ディスクユニオン
https://diskunion.net/clubh/ct/detail/1008046916

東洋化成ONLINE
https://toyokasei.thebase.in/items/25227116

商品お問い合わせ先
東洋化成ディストリビューション
distribution@toyokasei.co.jp

Sweet William:
1990年、愛知県生まれのビートメーカー/プロデューサー。ブラックミュージックへの深い造詣を下地に、敬愛する日本のポップスやビートミュージックなど、幅広い音楽エッセンスを高次元に掛け合わせたトラック、楽曲を生み出している。2018年、シンガーソングライター青葉市子とのコラボシングル「からかひ」を発表。自身の音楽的振り幅を、さらに拡張し続けている。新作EP「Brown」が好評発売中。

https://sweet-william.jp/

青葉市子:
1990年1月28日生まれ。2010年よりアルバムを発表し、最新作は6枚目となる『qp』。うたとクラシックギターのソロ活動に加え、様々なアーティストとの創作を行なっている。ビートメーカーSweet Williamとのプロジェクトでは「からかひ」を発表。CM音楽、ナレーション、舞台出演、芸術祭への参加など多岐にわたり活動中。

http://www.ichikoaoba.com

related

『FFKT 2021』の延期開催に青葉市子、Powder、object blue、iri、Buffalo Daughterなどが出演決定

10/2~3に延期開催される『FFKT 2021』の第一弾出演者が発表となった。

Sweet Williamが新作『Beat Theme』のループアニメーションが公開

Sweet Williamが5年ぶりのニューアルバム『Beat Theme』をリリースした。

青葉市子が弾き語り3曲収録のデジタルシングル『Windswept Adan roots』を急遽リリース

来週6月21日(月)、Bunkamuraオーチャードホールにて最新アルバム『アダンの風』記念コンサートを控えた青葉市子が、急遽3曲収録のシングル『Windswept Adan roots』を発表。本日16日(水)より、各音楽配信サービスでの配信がスタートした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。